« リン酸化プルランを用いた世界初の多目的接着性人工骨を開発するベンチャー企業設立 | トップページ | 福島)県農民連会長、原発事故後の苦悩語る 国際シンポ »

2015年4月12日 (日)

移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発

2015/04/10 産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・ヒトiPS細胞とヒトES細胞に特異的に
 反応するレクチンと薬剤を融合
 
・培地に添加するだけでヒトiPS細胞と
 ヒトES細胞を選択的に除去することが
 可能
 
・ヒトiPS細胞とヒトES細胞を用いた
 再生医療の安全性向上に期待
 
 
-----
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
(以下「産総研」という)創薬基盤研究
部門 舘野 浩章 主任研究員、平林 淳
首席研究員、幹細胞工学研究グループ
小沼 泰子 主任研究員、伊藤 弓弦
研究グループ長は、和光純薬工業株式会社
(以下「和光純薬工業」という)
試薬化成品事業部 開発第一本部
ライフサイエンス研究所と共同で、
移植用細胞から腫瘍を引き起こす
ヒトiPS細胞やヒトES細胞
(以下「ヒトiPS/ES細胞」という)を
除く技術を開発した。
 
 ヒトiPS/ES細胞から分化させて作製した
移植用細胞には、ヒトiPS/ES細胞が残存し
腫瘍化する可能性があり、再生医療に応用
する際の大きな障壁となっている。
 
 今回開発した技術により、移植用細胞に
残存するヒトiPS/ES細胞を効率的に除去
できることから、ヒトiPS/ES細胞から作製
した移植用細胞を用いた再生医療の安全性
向上への貢献が期待される。
 
 なお、この技術の詳細は、
2015年4月9日(米国東部時間)に
米国科学誌Stem Cell Reportsに
オンライン掲載される。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 iPS/ES細胞関連応用には安全性向上が
必須の要件です。
 
>今回開発した技術により、移植用細胞
>に残存するヒトiPS/ES細胞を効率的に
>除去できる
 とのことです。
 
 今後におおいに期待したい。

|

« リン酸化プルランを用いた世界初の多目的接着性人工骨を開発するベンチャー企業設立 | トップページ | 福島)県農民連会長、原発事故後の苦悩語る 国際シンポ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61427566

この記事へのトラックバック一覧です: 移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発:

« リン酸化プルランを用いた世界初の多目的接着性人工骨を開発するベンチャー企業設立 | トップページ | 福島)県農民連会長、原発事故後の苦悩語る 国際シンポ »