« 「クリスパーで遺伝子治療」の可能性、MITから報告 | トップページ | 脊髄小脳変性症SCA3型の異常蛋白質を縮小&ALSの臨床試験 »

2015年4月10日 (金)

悪性度の高い「基底細胞様乳がん」誕生の秘密に手掛かり、分化抑制因子4(ID4)が関与

謎の「どこから来るのか」の答えに
つながるか
2015年4月8日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 悪性度の高さで知られ、その起源が謎に
包まれている
「基底細胞様乳がん(BLBC)」の原因
について重要な手掛かりが一つ判明した
ようだ。
 
 オーストラリア、ガーバン医学研究所の
サイモン・ジュナンカー氏らの
研究グループが、オンライン医学誌である
ネイチャー・コミュニケーションズ誌
において2015年3月27日に報告している。
 
 
 基底細胞様乳がんは乳がんの中でも
悪性度の高いがんとして知られている。
 
 このがんはどういった細胞から発生する
のか、あるいは原因は何であるかが
よく分かっていない。
 
 研究グループは、分化抑制因子4
(ID4)と呼ばれる分子が乳房で
基底細胞様乳がんにもつながる大元の
細胞をコントロールすると突き止めた。
 
 研究グループは動物実験で、
分化抑制因子4の遺伝子がどのように
活性化しているかを検証。
 
 分化抑制因子4の活発になっている
細胞が、乳房の中でまとまったグループを
つくっていると確認。
 
 乳房で液体を作り出す乳腺のような形に
ならないように抑え込む効果を持って
いた。
 
 さらに、分化抑制因子4は極めて悪性度
の高い人の基底細胞様乳がんで確認
できた。
 
 分化抑制因子4が乳房で大元の役割を
果たす「幹細胞」をコントロールしている
と指摘。
 
 基底細胞様乳がんの異質性につながって
おり、乳房の幹細胞と基底細胞様乳がん
の原因がつながっていると説明している。
 
 治療が難しいがんであるだけに、有効な
治療法につながるか注目される。
---------------------------------------
 
>研究グループは、分化抑制因子4
>(ID4)と呼ばれる分子が乳房で
>基底細胞様乳がんにもつながる
>大元の細胞をコントロールすると
>突き止めた。
 
 素晴らしい発見のようです。
 
>治療が難しいがんであるだけに、
>有効な治療法につながるか注目される。
 
 注目したい。

|

« 「クリスパーで遺伝子治療」の可能性、MITから報告 | トップページ | 脊髄小脳変性症SCA3型の異常蛋白質を縮小&ALSの臨床試験 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61417326

この記事へのトラックバック一覧です: 悪性度の高い「基底細胞様乳がん」誕生の秘密に手掛かり、分化抑制因子4(ID4)が関与:

« 「クリスパーで遺伝子治療」の可能性、MITから報告 | トップページ | 脊髄小脳変性症SCA3型の異常蛋白質を縮小&ALSの臨床試験 »