« 購入電力9割減だけではない、コマツがバイオマス発電を選んだわけ | トップページ | 「免疫チェックポイント阻害薬」、白血病に治療効果を発揮、がんにフル攻撃 »

2015年4月 4日 (土)

世界最高出力(90mW超)の深紫外LEDの開発に成功

~ナノ光構造により、光取出し効率を
劇的に向上~
2015年4月1日
国立研究開発法人 情報通信研究機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NICTは、株式会社トクヤマと共同で、
深紫外波長帯において世界最高出力となる
90mW(ミリワット)超の深紫外LEDの開発
に成功しました。
 
 ナノ光構造技術により、深紫外LEDの
光取出し効率を大幅に向上させることで、
小型・高出力な深紫外LED光源を実現
しました。
 
 今回開発した深紫外LEDは、最も殺菌性
の高い波長265nm、室温・連続動作で、
光出力90mWを達成したこれまでにない
実用上要求される水準を十分に上回った
ものです。
 
 薬剤を用いないクリーンな殺菌システム
の実現や既存の水銀ランプの置き換え、
新規市場の創出など大規模な需要が
見込め、殺菌から医療、工業、環境、
ICTに至るまで幅広い分野の産業、
生活・社会インフラに画期的な技術革新を
もたらすことが期待されています。
 
 本研究成果は、米国応用物理学会誌
Applied Physics Letters(電子版
平成27年4月1日(水)発行予定)に掲載
されます。
 
 なお、本成果の一部は、国立研究開発
法人 科学技術振興機構(JST)
A-STEP事業の支援の下に実施されました。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>最も殺菌性の高い波長265nm、
>室温・連続動作で、光出力90mWを
>達成したこれまでにない
>実用上要求される水準を十分に
>上回ったものです。
 だそうです。
 
 この分野なかなか競争が激しい
 
 この前、夢の扉+で天野浩さんと
(株)日機装の話しが出ていましたね。
 
 この投稿のものですね。
2014年12月16日
 
>深紫外波長帯において世界最高出力
>となる深紫外LEDを実証することに
>成功しました。
 と言っていますから、こちらの方が
先行していると思われます。
 
>実用上重要なデバイス性能指標である
>光出力密度として90W/cm2
>(発光波長265nm、室温・連続動作)を
>実現し、他研究機関を大幅に上回る
>高出力動作に成功しております。
 
 素晴らしいですね。
 
 今後に期待します。
 
 参考までにこういうのもありました。
2013年2月 9日
 
 最終的にはどうなるのかな?

|

« 購入電力9割減だけではない、コマツがバイオマス発電を選んだわけ | トップページ | 「免疫チェックポイント阻害薬」、白血病に治療効果を発揮、がんにフル攻撃 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61386286

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最高出力(90mW超)の深紫外LEDの開発に成功:

« 購入電力9割減だけではない、コマツがバイオマス発電を選んだわけ | トップページ | 「免疫チェックポイント阻害薬」、白血病に治療効果を発揮、がんにフル攻撃 »