« エボラの新ワクチン開発、サルで効果確認 | トップページ | 壊れたDNAを修復する酵素、細胞分裂でも大活躍、がんや糖尿病を防ぐ治療にも生きる? »

2015年4月 1日 (水)

15分でエボラ出血熱診断 北大とメーカー開発

2015年3月31日 沖縄タイムス
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 北海道大と化学メーカー
「電気化学工業」(東京)は31日、
エボラ出血熱に感染しているかどうかを
約15分で診断するキットの試作品開発
に成功したと発表した。
 
 専門の研究施設で遺伝子などを調べる
現在主流の手法では、診断だけで数時間
かかる。
 
 電気化学工業のグループ会社
「デンカ生研」(東京)が製造する
インフルエンザなどの診断キットが
ベース。
 
 手のひらサイズで、対象者の血清を
使って調べる。北大人獣共通感染症
リサーチセンターの高田礼人教授らが
米国の実験施設で、エボラウイルスに
感染したサルの血清を使い、判定できる
ことを確認した。
 
 血清さえあれば特別な器具や装置は
不要。(共同通信)
---------------------------------------
 
>血清さえあれば特別な器具や装置は
>不要
 
 素晴らしい。
 
 早く製品化して貰いたい。
 
 現在、えらく時間がかかっています
よね。
 
 専門施設というのがネック。

|

« エボラの新ワクチン開発、サルで効果確認 | トップページ | 壊れたDNAを修復する酵素、細胞分裂でも大活躍、がんや糖尿病を防ぐ治療にも生きる? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61371380

この記事へのトラックバック一覧です: 15分でエボラ出血熱診断 北大とメーカー開発:

« エボラの新ワクチン開発、サルで効果確認 | トップページ | 壊れたDNAを修復する酵素、細胞分裂でも大活躍、がんや糖尿病を防ぐ治療にも生きる? »