« 水産進化論 ヘリ・GPSで魚群探して効率操業 | トップページ | 自己免疫疾患と腸内細菌とポリフェノールに接点、オレンジやリンゴに推奨 »

2015年3月 4日 (水)

SCA3治療法に関するAlmeida教授との共同研究がBrain(インパクトファクター:10.226)に掲載されました。

群馬大学神経生理 Homeに下記リンクが
掲載されました。
---------------------------------------
---------------------------------------
 
 「小脳神経幹細胞の移植は、
  マチャド-ジョセフ病マウスで、
  運動協調性と神経病理学を改善する」
 
という題目の論文です。
 
 マウスの小脳に神経幹細胞を移植する
ことで運動協調性と神経病理学を改善
した。
 
 とのことで、従来の平井教授のやり方
とは違う方法です。
 
 こういう方法もあり得そうですね。
 
 大別すると
 
・悪さをする物質を取り除くと言う
 方法と
 
・悪さをする物質はそのままにして
 おいて、積極的に幹細胞移植をして
 悪い部分を変えて行くと言う方法
 
 が有望なのかな?
 
 神経成長因子でも良いかも
知れないですね。
 
 今後の展開に期待したい。

|

« 水産進化論 ヘリ・GPSで魚群探して効率操業 | トップページ | 自己免疫疾患と腸内細菌とポリフェノールに接点、オレンジやリンゴに推奨 »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61228163

この記事へのトラックバック一覧です: SCA3治療法に関するAlmeida教授との共同研究がBrain(インパクトファクター:10.226)に掲載されました。:

« 水産進化論 ヘリ・GPSで魚群探して効率操業 | トップページ | 自己免疫疾患と腸内細菌とポリフェノールに接点、オレンジやリンゴに推奨 »