« 重度の多発性硬化症、薬より「幹細胞」有効、日本でも札幌医科大学で検討対象 | トップページ | (日曜に想う)押しすぎ政権、引けすぎテレビ 特別編集委員・山中季広 »

2015年3月 2日 (月)

腸内フローラ番組を基に、消費者が情報を読み解く“秘訣”を考えてみた

2015年2月27日 foocom.net
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 私はNHKの番組
には感銘を受けました。
 
 これから注目されるべき科学の分野
だと思っています。
 
 おおいに期待しています。
 
 人と細菌は、寄生虫もそうですが、
共生関係にあるものが存在する。
 
 そのことを無視してはいけません。
 
 それこそ、長い年月をかけて築き
上げて来た結果が現在のはずなので、
その意味は十分にあるはず。
 
 ただ、いろいろな報道を読み解く時に
「健康ニュースの読み解き方」は
素晴らしい視点ですね。
 
 日本にもこういうチャレンジが
欲しい。
 
 何故無いのか?
 
 そういう意味で、日本はまだまだ、
先進国とは言えません。
 
 今のNHKの会長も情けない。
 英国のBBCを見習って欲しい。
 政府の顔色を伺っているとは情けない。
 
 誰が、どの国がなんと言おうと、
正しいものは正しいのです。
 
 いつ何を言っても良いわけでは
ありませんが、、
 
 指摘すべきことは指摘しないと
いけません。
 

|

« 重度の多発性硬化症、薬より「幹細胞」有効、日本でも札幌医科大学で検討対象 | トップページ | (日曜に想う)押しすぎ政権、引けすぎテレビ 特別編集委員・山中季広 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61218476

この記事へのトラックバック一覧です: 腸内フローラ番組を基に、消費者が情報を読み解く“秘訣”を考えてみた:

« 重度の多発性硬化症、薬より「幹細胞」有効、日本でも札幌医科大学で検討対象 | トップページ | (日曜に想う)押しすぎ政権、引けすぎテレビ 特別編集委員・山中季広 »