« [医学部] 改変型アデノ随伴ウイルスに関する特許が成立 | トップページ | 中国で膨張する豚消費 環境への影響深刻に »

2015年3月13日 (金)

サウナに入る回数が多い人ほど死亡率が低い

心血管死だけでなく総死亡も、
フィンランドの前向きコホート研究が
示唆
2015/3/12 日経メディカル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 サウナ入浴は血行力学的な機能を高める
ことが知られているが、心血管死亡や
総死亡にもプラスの作用があるのだろう
か──。
 
 こんな疑問への答えとなる研究結果が、
サウナ入浴が盛んなフィンランドから
もたらされた。
 
 サウナ利用回数が週に1回の人と比べ、
より頻繁にサウナを利用する人では、
心臓突然死、致死的冠疾患、心血管死亡、
総死亡のリスクが全て有意に低いことが、
前向きコホート研究から明らかになった
という。
 
 フィンランドEastern Finland大学の
Tanjaniina Laukkanen氏らが、
JAMA Internal Medicine誌電子版へ
2015年2月23日に報告した。
 
 著者らは、フィンランドの住民コホート
を用いて、サウナ入浴の頻度や入浴時間
と、心血管死亡や総死亡との関連を検討
した。
 
 解析に用いたコホート研究
「Finnish Kuopio Ischemic Heart
Disease Risk Factor Study」は、
アテローム性心血管疾患リスクの予測因子
の同定を目的に実施されたもの。
 
 このコホートから、フィンランドKuopio
在住の42~60歳の男性で、定期的にサウナ
を利用していた2315人(平均年齢は53歳、
BMIの平均は26.9、サウナ利用回数の平均
は2.1回/週、1回あたりの利用時間の平均
は14.2分)を抽出し、分析対象にした。
 
 フィンランドのサウナは乾式で、湿度は
10~20%、浴室の温度は80~100度に設定
される。
 
 湿度は、焼けた石の上に水をかけた時に
一時的に上昇する。
 
 コホート登録時(ベースライン、1984年
3月1日から1989年12月31日)の聞き取り
調査で、対象者のうち601人が週に1回、
1513人が週2~3回、201人が週4~7回
サウナに入浴すると回答していた。
 
 週1回サウナ入浴していた群を基準に、
喫煙歴や血圧、身体活動量、体格指数
(BMI)など心血管疾患の危険因子で
多変量調整して心臓突然死のハザード比
を推定したところ、週2~3回群では0.78
(95%信頼区間0.57-1.07)、
週4~7回群は0.37(0.18-0.75)と、
いずれも有意に低いことが判明
(傾向性のP=0.005)。
 
 致死的冠疾患も同様で、ハザード比は
それぞれ0.77(0.60-0.99)、
0.52(0.31-0.88)と、有意に低かった
(傾向性のP=0.005)。
 
 他の心血管疾患も含めた心血管死亡の
ハザード比は、順に0.73(0.59-0.89)と
0.50(0.33-0.77)となり、やはり有意に
低いことが分かった
(傾向性のP<0.001)。
 
 総死亡も0.76(0.66-0.88)と0.60
(0.46-0.80)であり、リスクは有意に
低下していた(傾向性のP<0.001)。
 
 次に著者らは、サウナ入浴時間について
の解析を行った。
 
 サウナ入浴時間が11分以下の群を基準に
すると、心臓突然死のハザード比は、
入浴時間が11~19分の群で0.93
(0.67-1.28)、19分超の群で0.48
(0.31-0.75)となった
(傾向性のP=0.002)。
 
 致死的冠疾患や、他の心血管疾患も
含めた心血管死亡についても、入浴時間が
長い群で死亡リスクの有意な低下が
認められた。
 
 一方、総死亡については有意な
リスク低下はみられなかった。
 
 著者らは、「頻繁なサウナ入浴は、
心臓突然死、致死的冠疾患、心血管死亡、
総死亡のリスク低下と関係していた」と
総括。
 
 その上で「他の人種においても
サウナ入浴が心血管系の健康を向上させる
かどうかについては、今後研究が必要
だろう」と述べている。
---------------------------------------
 
 興味深い研究ですね。
 
 サウナが心臓突然死、致死的冠疾患、
心血管死亡、総死亡のリスク低下に
繋がるとは思わなかったです。
 
 コホート研究してみるものですね。
 
>サウナ入浴は血行力学的な機能を
>高めることが知られている
 
 と言っているので、予想された結果
なのかも知れませんが、私には意外に
思えました。
 
 他の人種においても同様な結果が
得られるのかどうかわかりませんが、
興味深いです。
 
 日本の風呂についても、研究して
貰いたいものです。
 
 長風呂は? 温度は?とかいろいろ気に
なります。
 
 コホート研究が出来るだけのデータが
ないか?

|

« [医学部] 改変型アデノ随伴ウイルスに関する特許が成立 | トップページ | 中国で膨張する豚消費 環境への影響深刻に »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウナに入る回数が多い人ほど死亡率が低い:

« [医学部] 改変型アデノ随伴ウイルスに関する特許が成立 | トップページ | 中国で膨張する豚消費 環境への影響深刻に »