« 予防接種の副作用を予測、「ASIA症候群」回避のために | トップページ | 光合成担う巨大な光化学超複合体を発見 »

2015年3月31日 (火)

通説を覆す発見! 瞬きの頻度からニコチン依存症のなり易さが推定可能に?!

2015年3月2日 大阪大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院生命機能研究科
ダイナミックブレインネットワーク研究室
・中野珠実 准教授は、京都大学との
共同研究で、ヒトの瞬きの頻度の個人差
が、脳の主要な伝達物質である
アセチルコリンと結合するニコチン受容体
※1 の遺伝子タイプの違いで説明できる
ことが明らかになりました。
 
 ニコチン受容体の遺伝子多型※2 は、
喫煙によるニコチン依存症のなり易さと
関連することが知られています。
 
 今後、瞬きの頻度からニコチン依存症の
なり易さを推定するなど、瞬きを簡便な
バイオマーカーとして利用できる可能性が
あり、革新的な発見と言えます。
---------------------------------------
 
 以外ですね。
 瞬きの頻度からニコチン依存症の
なり易さを推定することが出来るなんて、
 
 さらなる研究が必要になると思います
が、あくまで簡便なバイオマーカーなの
で、正確さはあまり期待出来そうもない。
 
 でも、革新的な発見ではあると思う。

|

« 予防接種の副作用を予測、「ASIA症候群」回避のために | トップページ | 光合成担う巨大な光化学超複合体を発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61366161

この記事へのトラックバック一覧です: 通説を覆す発見! 瞬きの頻度からニコチン依存症のなり易さが推定可能に?!:

« 予防接種の副作用を予測、「ASIA症候群」回避のために | トップページ | 光合成担う巨大な光化学超複合体を発見 »