« 腸内フローラの善玉と悪玉、腸内細菌を知って健康に生かしていく | トップページ | 遺伝子組み換え 米が後発薬承認 治療費抑制見込む »

2015年3月 8日 (日)

阪大、直径10ナノメートルの遺伝子送達試薬「スーパーアパタイト」を作製

2015年03月05日 日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院医学系研究科の山本浩文
准教授らの研究グループは、
直径10ナノメートルと世界最小クラスの
遺伝子送達試薬「スーパーアパタイト」を
作製した。
 
 静脈注射により、十分な量の核酸を
がん腫瘍に送達、集積させられる。
 
 核酸を全身に伝達できる
ドラッグデリバリーシステム(DDS)
として、さまざまな種類の新規治療薬に
応用できると期待される。
 
 スーパーアパタイトは、リン酸と炭酸、
カルシウムという単純な成分で構成する
静脈注射用の製剤。
 
 がん細胞を持つマウスに導入した
ところ、がん細胞の発現を促す
抗アポトーシス遺伝子サバイビンを
抑制でき、がん細胞の細胞死を誘導
できた。
 
 強い抗腫瘍効果が確認され、副作用も
みられなかった。
 
 がん細胞は体内生産される核酸を栄養に
するが、外から摂取する核酸を増やすこと
でがん細胞の増殖を抑えられる。
 
 だが、摂取した核酸は血液中で
分解されやすく、がん細胞に伝達できる
量はわずかだった。
 
 スーパーアパタイトを使うことで、
核酸が傷まないうちにがん腫瘍の細胞質
に大量の核酸を伝達できる。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
>核酸を全身に伝達できる
>ドラッグデリバリーシステム(DDS)
>として、さまざまな種類の新規治療薬に
>応用できると期待される。
 
 期待したい。

|

« 腸内フローラの善玉と悪玉、腸内細菌を知って健康に生かしていく | トップページ | 遺伝子組み換え 米が後発薬承認 治療費抑制見込む »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61248686

この記事へのトラックバック一覧です: 阪大、直径10ナノメートルの遺伝子送達試薬「スーパーアパタイト」を作製:

« 腸内フローラの善玉と悪玉、腸内細菌を知って健康に生かしていく | トップページ | 遺伝子組み換え 米が後発薬承認 治療費抑制見込む »