« がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発 | トップページ | 普通の金属にトポロジカルな性質を付与することに成功 -次世代省エネ電子機器の開発へ新たな道- »

2015年3月18日 (水)

ミトコンドリアの機能を保つ仕組みを解明 ~神経変性疾患群(アルツハイマー病など)の治療法開発に期待~

2015.03.13 山口大学医学部
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 山口大学大学院医学系研究科医化学分野
の中井彰教授、譚克学術研究員らを
中心とした研究グループは、細胞内の
エネルギー産生の場であるミトコンドリア
の機能を保つ仕組みを分子レベルで
解明しました。
 
 近年、ミトコンドリアの機能異常は、
老化や老化と関連する神経変性疾患群
(アルツハイマー病など)の病気の進行に
密接に関わっていることが知られてきて
います。
 
 したがって、この研究成果は、
哺乳動物細胞のミトコンドリアの
タンパク質ホメオスタシス(恒常性)を
保つ適応機構を世界ではじめて明らかに
すると同時に、神経変性疾患群等に対する
治療ターゲットとしての可能性も
示唆します。
 
 本研究は、山口大学
新呼び水プロジェクト
「難治性疾患トランスレーション研究拠点」
の一環として進められ、
2015年3月12日付けの英科学誌
『ネイチャー・コミュニケーションズ』の
電子版に掲載されました。
 
 詳細リンク
詳しくは別紙(PDF)をご参照ください。
---------------------------------------
 
>近年、ミトコンドリアの機能異常
>は、老化や老化と関連する
>神経変性疾患群(アルツハイマー病
>など)の病気の進行に密接に関わって
>いることが知られてきています。
 そうですね。
 
 関連があるようです。
 
 関連投稿です。
2012年10月12日
 
 ミトコンドリアの機能異常はその他の
疾患にも関連しているようです。
 
 今回はかなり詳細に分かって来て
いますので、実際の治療ターゲットと
して新薬開発までつながると良い
ですね。

|

« がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発 | トップページ | 普通の金属にトポロジカルな性質を付与することに成功 -次世代省エネ電子機器の開発へ新たな道- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61299397

この記事へのトラックバック一覧です: ミトコンドリアの機能を保つ仕組みを解明 ~神経変性疾患群(アルツハイマー病など)の治療法開発に期待~:

« がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発 | トップページ | 普通の金属にトポロジカルな性質を付与することに成功 -次世代省エネ電子機器の開発へ新たな道- »