« エボラウイルスなど抗体結合構造を解明 | トップページ | 寄生虫でがん診断? 患者の尿のにおい好み、精度95% »

2015年3月11日 (水)

糖の取り過ぎは細胞を焦がす 老化の真犯人は「糖化」

2015/3/11 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 糖の取り過ぎによる害は、肥満に
とどまらない。
 
 昨今、予防医学の世界では、過剰な
糖質が引き起こす「糖化」に注目が
集まっている。
 
 糖化とは、体内のたんぱく質や脂質と
糖とが結びつき、変性すること。
 
 「筋肉や血管などの人の体の大部分
は、たんぱく質からできています。
これを変質、老化させる犯人が糖質。
 
 食事で糖を取り過ぎると、
エネルギー源として代謝されずに
たんぱく質と結合し、老化が加速して
しまうのです」と同志社大学大学院教授
の米井嘉一さんは指摘する。
 
 
■糖化ストレスを減らす 9種類の健康茶
 
1:柿の葉茶 → ビタミンCなど
2:カモミールティー → 抗炎症成分アズ  レンなど
3:ドクダミ茶 → クエルシトリンなど
4:ブドウ葉茶 → アントシアニンなど
5:ゴボウ茶 → ポリフェノールのサポニ  ンなど
6:セイヨウサンザシ茶 → フラボノイド  など
7:甜茶(てんちゃ) → 甜茶ポリフェノ  ール
8:ハマ茶 → アントラキノン類
9:グァバ茶 → ポリフェノールなど
---------------------------------------
 
 糖化、防がないといけません。
 老化の原因になるのです。
 
 ご参考です。
 
 関連投稿です。
2014年1月 9日
 
 健康を保つためには、酸化と糖化を
出来るだけ避けねばいけません。
 
 どう生きるかの姿勢はもっと大事。
 大切にしてください。

|

« エボラウイルスなど抗体結合構造を解明 | トップページ | 寄生虫でがん診断? 患者の尿のにおい好み、精度95% »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糖の取り過ぎは細胞を焦がす 老化の真犯人は「糖化」:

« エボラウイルスなど抗体結合構造を解明 | トップページ | 寄生虫でがん診断? 患者の尿のにおい好み、精度95% »