« 脳腫瘍に朗報、細胞治療による新たな個別化医療を人間で開始へ | トップページ | 「IPF」と「COPD」、命に関わる2つの肺病に共通の原因を発見 »

2015年3月24日 (火)

AIDSの新たな治療法開発につながる新発見とは

2015/03/23 Credo
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 後天性免疫不全症候群(AIDS)の新たな
治療法の開発につながる貴重な新発見が
ありました。
 
 
-------
<編集部コメント>
 
 HIVウイルスはその特殊性から、現在
広く用いられている方法でのワクチン開発
は極めて困難でした。
 
 これに対して、抗HIV抗体を人工的に
作成し、それを投与するという戦略が
試され、この方法で、bNAbsという抗体が
開発されましたが、完全にはHIVを抑え
きれないという限界点が残っていました。
 
 今回は、赤毛猿での実験レベルでは
あるものの、HIVが細胞に感染する際に
必須となる2つのタンパク質からeCD4-Igを
作成し、それらを体内で作れるようにし、
体内で作られたeCD4-Igが先回りしてHIVに
結合し、ウイルスを不活性化させました。
 
 これは、ウイルスが細胞侵入の鍵として
持っていた部分に結合して、その働きを
無くしてしまうという仕組みです。
 
 動物実験レベルではあるものの、100%の
効果がみられたことから今後に期待が
集まります。
---------------------------------------
 
 Good Newsですね。
 
>動物実験レベルではあるものの、
>100%の効果がみられたことから
>今後に期待が集まります。
 
 いくつか越えなければいけない壁が
あるようですが、是非越えて欲しい。
 
>しかし、この発見が人類にとって
>誇らしいものになるかは、今後行われる
>人体への試験的な投与の結果にかかって
>います。
 そうですね。
 
 良い結果がでると素晴らしい。
 
 期待しています。

|

« 脳腫瘍に朗報、細胞治療による新たな個別化医療を人間で開始へ | トップページ | 「IPF」と「COPD」、命に関わる2つの肺病に共通の原因を発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61330888

この記事へのトラックバック一覧です: AIDSの新たな治療法開発につながる新発見とは:

« 脳腫瘍に朗報、細胞治療による新たな個別化医療を人間で開始へ | トップページ | 「IPF」と「COPD」、命に関わる2つの肺病に共通の原因を発見 »