« 細胞壁リグニンの構造変える手法を開発 | トップページ | がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発 »

2015年3月17日 (火)

カマンベールチーズにアルツハイマー病を予防する効果 - 東大などが発表

2015/03/13 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京大学(東大)、キリン、小岩井乳業は
3月12日、カマンベールチーズの摂取に
アルツハイマー病の予防効果があることを
確認し、その有効成分を同定したと
発表した。
 
 同成果はキリンR&D本部基盤技術研究所、
小岩井乳業、東大大学院農学生命科学
研究科の中山裕之 教授らの研究グループ
によるもので、米科学誌「PLOS ONE」に
掲載された。
 
 同研究グループが今回、市販の
カマンベールチーズの摂取による
アルツハイマー病への作用を検証した
結果、アルツハイマー病モデルマウスに
カマンベールチーズから調製した餌を
摂取させると、アルツハイマー病の原因
となる脳内物質であるアミロイドβの
脳内沈着が減少し、脳内の炎症が緩和
されることがわかった。
---------------------------------------
 
 チーズなどの発酵乳製品を摂取すること
で老後の認知機能低下が予防されるらしい
です。
 
 発行乳製品が身体に良いという話しは
沢山ありますが、学会発表されるものは
少ないですね。
 
 ご参考です。

|

« 細胞壁リグニンの構造変える手法を開発 | トップページ | がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カマンベールチーズにアルツハイマー病を予防する効果 - 東大などが発表:

« 細胞壁リグニンの構造変える手法を開発 | トップページ | がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発 »