« 「上皮間葉転換」により薬が効かなくなったがん、2種の薬の併用が効果あり | トップページ | パーキンソン病の原因遺伝子を新発見 »

2015年2月 6日 (金)

iPS由来の心筋細胞、心臓と一緒に拍動 阪大など確認

2015/1/26 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学の澤芳樹教授らは26日、マウス
のiPS細胞から作った心筋細胞のシート
をラットに移植すると、心臓の一部となり
一緒に拍動することを確認したと
発表した。
 
 大型放射光施設「SPring―8」
(兵庫県佐用町)を使った分子レベルの
解析で確かめた。
 
 研究チームは、2~3年後に予定する
重い心不全患者を対象にした臨床研究に
向けて一歩前進したと評価した。
 
 また今秋をめどに、京都大学から
臨床研究に使えるヒトiPS細胞の提供
を受け、心筋細胞に育てて安全性などを
確かめる考えを明らかにした。
---------------------------------------
 
 iPS細胞による再生医療、又一歩
前進しましたね。
 
>研究チームは、2~3年後に予定
>する重い心不全患者を対象にした
>臨床研究に向けて一歩前進したと
>評価した。
 
 心強い話しです。
 
 おおいに期待しています。

|

« 「上皮間葉転換」により薬が効かなくなったがん、2種の薬の併用が効果あり | トップページ | パーキンソン病の原因遺伝子を新発見 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61093865

この記事へのトラックバック一覧です: iPS由来の心筋細胞、心臓と一緒に拍動 阪大など確認 :

« 「上皮間葉転換」により薬が効かなくなったがん、2種の薬の併用が効果あり | トップページ | パーキンソン病の原因遺伝子を新発見 »