« 創薬などに不可欠なテロメレースに関わる分子経路の解明 | トップページ | ヒトiPSから視神経細胞 再生医療に貢献も 成育医療研など »

2015年2月11日 (水)

手術が苦手で逃げ出した、鬱病にもなった? ノーベル賞・山中伸弥氏が高校生に贈った言葉は「人間万事塞翁が馬」

2015.02.09 ログミー
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 良い話しだと思います。
 興味があったら見てください。
 
 動画リンクはこちら

|

« 創薬などに不可欠なテロメレースに関わる分子経路の解明 | トップページ | ヒトiPSから視神経細胞 再生医療に貢献も 成育医療研など »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術が苦手で逃げ出した、鬱病にもなった? ノーベル賞・山中伸弥氏が高校生に贈った言葉は「人間万事塞翁が馬」:

« 創薬などに不可欠なテロメレースに関わる分子経路の解明 | トップページ | ヒトiPSから視神経細胞 再生医療に貢献も 成育医療研など »