« 宇宙のスマイル ハッブル宇宙望遠鏡が撮影 | トップページ | 歯髄幹細胞から有効な神経再生因子2つ »

2015年2月13日 (金)

iPS由来細胞、がん化仕組み解明 慶応大教授ら発表へ

2015年2月13日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 ヒトのiPS細胞からつくった
神経幹細胞を移植したマウスの体で腫瘍
(しゅよう)ができる仕組みを解明した
と、慶応大の岡野栄之教授(生理学)
らのチームが13日、米科学誌
ステム・セル・リポーツ電子版に発表
する。
 
 iPS細胞を使った治療で、移植した
細胞ががん化するリスクを低減できる
可能性があるという。
---------------------------------------
 
 iPS細胞由来の再生医療、まだまだ
安全性の確認が必要です。
 
 ヒトのiPS細胞からつくった神経幹
細胞を移植する脊髄損傷治療をマウスで
実施したが、腫瘍が出来てしまうマウス
がいることが判明。
 
 移植した細胞で腫瘍を作ったり転移
させたりする遺伝子が活発に働いて
いることをみつけたそうです。
 
 これらの遺伝子の働きをチェックする
ことで安全性を高められる可能性がある
とのこと、
 
 いずれ、ヒトのiPS細胞由来の脊髄
損傷治療が実現すると思います。
 
 更なる進展に期待します。
 
 他社の同記事です。
2015/02/13 時事ドットコム
 
 こちらの記事の方が詳しいです。
2015年2月15日 財経新聞
 
 やはり、OCT4 遺伝子の活性化が原因の
ようです。
 
 なので
>臨床応用に向けたヒトiPS 細胞由来の
>神経幹細胞移植の安全性確保のため、
>導入遺伝子の活性化の危険性がない
>ゲノム挿入のない integration-free
>iPS 細胞を用いることが重要である
>ことが分かった
 と言っています。
 

|

« 宇宙のスマイル ハッブル宇宙望遠鏡が撮影 | トップページ | 歯髄幹細胞から有効な神経再生因子2つ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61129606

この記事へのトラックバック一覧です: iPS由来細胞、がん化仕組み解明 慶応大教授ら発表へ:

« 宇宙のスマイル ハッブル宇宙望遠鏡が撮影 | トップページ | 歯髄幹細胞から有効な神経再生因子2つ »