« 手術が苦手で逃げ出した、鬱病にもなった? ノーベル賞・山中伸弥氏が高校生に贈った言葉は「人間万事塞翁が馬」 | トップページ | 宇宙年齢で1秒も狂わない光格子時計 »

2015年2月11日 (水)

ヒトiPSから視神経細胞 再生医療に貢献も 成育医療研など

2015年2月11日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 ヒトのiPS細胞からきちんと機能
する視神経細胞をつくることに世界で
初めて成功したと、国立成育医療
研究センターなどの研究チームが10日、
英科学誌サイエンティフィック・リポーツ
に発表した。
 
 緑内障など視神経の病気の
メカニズム解明や新薬開発、再生医療に
役立つ可能性があるという。
 
 視神経細胞は網膜と脳を結ぶ視…
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>視神経細胞は網膜と脳を結ぶ視神経を
>形づくる細胞。
>細胞から伸びていく「軸索」と
>呼ばれる神経線維の部分がうまく
>できなかった。
 
>視神経異常による病気は失明原因で
>最も多い緑内障や視神経炎などが
>あり、重い視力障害になる。
 
>緑内障など視神経の病気のメカニズム
>解明や新薬開発、再生医療に役立つ
>可能性があるという。
 
 おおいに期待したい。
 
 個人的願望なんですが、特に正常眼圧
緑内障の根治治療開発が進みますように、
 
 今まで、なかったですから、
唯一の希望です。
 
 眼圧コントロールだけでは
駄目、それ以外の方法も
あまり期待できない。
 
 緩徐に進行は困る。
 せめて進行を止めて欲しい。

|

« 手術が苦手で逃げ出した、鬱病にもなった? ノーベル賞・山中伸弥氏が高校生に贈った言葉は「人間万事塞翁が馬」 | トップページ | 宇宙年齢で1秒も狂わない光格子時計 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61119139

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPSから視神経細胞 再生医療に貢献も 成育医療研など:

« 手術が苦手で逃げ出した、鬱病にもなった? ノーベル賞・山中伸弥氏が高校生に贈った言葉は「人間万事塞翁が馬」 | トップページ | 宇宙年齢で1秒も狂わない光格子時計 »