« インフル、従来の100倍の感度で検出- 東京都医学総合研、簡易診断法を開発 | トップページ | コーヒーに「がんリスク」を軽減させる効能があることが判明 »

2015年2月15日 (日)

細胞シートで排尿機能回復 信大チーム 筋肉・神経再生

2015年02月08日 信濃毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 放射線の影響で排尿障害を起こした
ラットのぼうこうに、骨髄細胞を培養して
作った「細胞シート」を貼り付けて筋肉や
神経を再生し、排尿の機能を回復させる
ことに信州大医学部(長野県松本市)
下部尿路医学講座の石塚修教授、今村哲也
講師らの研究チームが成功した。
 
 人間の場合、前立腺がんなどの放射線
治療で排尿障害が起きても根本的な
治療法がないが、研究チームは今回の
実験成果は新たな治療法として期待
できるとしている。
---------------------------------------
 
 期待出来そうです。
 細胞シート、いろいろな所に出て
きますね。
 
>研究チームは今後、シートを複数枚
>重ねて効果を高めたり、骨髄細胞より
>簡便に採取できる脂肪幹細胞を使ったり
>して、できるだけ早く人間への臨床応用
>につなげる考えだ。
 
 早く人への臨床応用までたどり着いて
欲しい。

|

« インフル、従来の100倍の感度で検出- 東京都医学総合研、簡易診断法を開発 | トップページ | コーヒーに「がんリスク」を軽減させる効能があることが判明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61142403

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞シートで排尿機能回復 信大チーム 筋肉・神経再生:

« インフル、従来の100倍の感度で検出- 東京都医学総合研、簡易診断法を開発 | トップページ | コーヒーに「がんリスク」を軽減させる効能があることが判明 »