« 東大病院、新しい嗅細胞は14日目以内に匂いを嗅がないと死ぬことを明らかに | トップページ | (戦後70年)「戦地派遣」、過酷な現実 »

2015年2月16日 (月)

鳥取大、がん抑制遺伝子を制御する因子を同定

2015/02/04 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 鳥取大学は2月4日、がん抑制遺伝子を
制御する因子としてマイクロRNA-19b
(miR-19b)の同定に成功したと発表した。
 
 同成果は同大学大学院医学系研究科
遺伝子機能工学部門の久郷裕之 教授の
研究グループによるもので、2月3日の
英科学誌「Scientific Reports」に
掲載された。
 
 多くのがん細胞では、テロメレース
という酵素が活性化されテロメアの短縮が
防ぐ形質を持つことが、増殖し続ける原因
となっている。
 
 久郷教授らはこれまでの研究で、この
形質を抑制する遺伝子「PITX1」を発見
していたが、そのはたらきについては
詳しくわかっていなかった。
 
 今回の研究では、PITX1の発現を調節
している分子としてmiR-19bがはたらいて
いることを発見。
 
 細胞内でmiR-19bを過剰に発現させると、
PITX1のタンパクレベルの低下による
テロメレースの活性化と細胞の増殖能が
高まることが確認された。
 
 また、miR-19bがPITX1の特定塩基配列を
直接標的とし、発現を抑制していることも
わかった。
 
 さらに、悪性黒色腫では、miR-19bの
発現亢進とPITX1の発現低下が見られ、
悪性黒色細胞腫株におけるmir-19bの
発現消失解析では、PITX1の発現が上昇
したのに伴い、テロメレース活性および
細胞増殖能の低下が認められた。
 
 同研究グループは、マイクロRNAが
がん抑制遺伝子を調節して
テロメレース活性を制御する分子経路が
明らかとなったことで、がんを治すため
の創薬や早期診断薬の開発につながる
としている。
 
 さらに、テロメレース制御ネットワーク
機構の理解から、幹細胞の維持機構、
細胞の老化および不死化、複雑ながん発生
の秘密を解き明かす鍵となることが期待
される。
---------------------------------------
 
 いろいろな種類のマイクロRNAが
重要な役目をしていますね。
 
 今回
>マイクロRNA-19bががん抑制遺伝子を
>調節してテロメレース活性を制御する
>分子経路が明らかとなった
 とのことで、
 
>がんを治すための創薬や早期診断薬の
>開発につながるとともに、
 
>さらに、テロメレース制御ネットワーク
>機構の理解から、幹細胞の維持機構、
>細胞の老化および不死化、複雑な
>がん発生の秘密を解き明かす鍵と
>なることが期待される。
 
 期待しましょう。

|

« 東大病院、新しい嗅細胞は14日目以内に匂いを嗅がないと死ぬことを明らかに | トップページ | (戦後70年)「戦地派遣」、過酷な現実 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61147851

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取大、がん抑制遺伝子を制御する因子を同定:

« 東大病院、新しい嗅細胞は14日目以内に匂いを嗅がないと死ぬことを明らかに | トップページ | (戦後70年)「戦地派遣」、過酷な現実 »