« 理工・大島研など 脊髄損傷における新たな治療標的タンパク質を特定 ―より特異的・効果的な神経再生医療に期待― | トップページ | (天声人語)忘却を拒む舞台劇 »

2015年2月 7日 (土)

PET樹脂を非食用バイオマスから製造

サイエンスポータル科学ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 バイオマス利用に新しい可能性が
生まれた。
 
 ポリエステル繊維やペットボトルとして
身近なプラスチックのポリエチレン
テレフタレート(PET樹脂)の原料である
テレフタル酸を、食用に適さない非食用
バイオマス資源から簡便に生産する
新しい方法を、群馬大学大学院理工学府
の橘熊野(たちばな ゆや)助教と大学院生
の木村沙織(きむら さおり)さん、
粕谷健一(かすや けんいち)教授が開発
した。
 
 2月4日付の英オンライン科学誌
サイエンティックリポーツに発表した。
 
 PET樹脂は容器包装材料や繊維材料
として大量に利用されている。
 
 このPET樹脂はテレフタル酸を重合して
作られる。
 
 テレフタル酸は化石資源の石油や
天然ガスから生産されているのに対し、
CO2の排出削減の観点から、原料を
バイオマス資源へ転換する試みが増えて
いる。
 
 しかし、大半は食用の穀物などの
バイオマスから生産されるため、
食料問題との競合が危惧され、
非食用バイオマスから製造する方法の
開発が待望されている。
 
 研究グループは、木材や農業廃棄物を
原料とする非食用の未利用バイオマス
から工業的に生産されている
フルフラールという化合物に着目した。
 
 トウモロコシの芯から作った
フルフラールを原料にテレフタル酸を
6段階の簡便な化学プロセスで合成する
ことに成功した。
 
 これは、フルフラールのみを原料として
簡便な方法でテレフタル酸を合成した
初めての例で、これまでに産業化が検討
されていた方法よりも高い効率で
テレフタル酸を合成できた。
 
 国際標準規格でテレフタル酸に含まれる
バイオマス炭素含有量を測定して、
合成したテレフタル酸が100%バイオマス
由来であることも証明した。
 
 フルフラールは19世紀末から、大量生産
できるようになっているが、その用途が
限られていた。
 
 この成果はフルフラールの用途拡大にも
つながり、循環型社会構築に向けて大きな
貢献が期待される。
 
 橘熊野助教は「非食用バイオマスで大量
に製造されるフラフールからPET樹脂の
原料を合成できるわけがないという
思い込みが強かった。
 
 発想を変えて、触媒や反応条件を
工夫したら、比較的簡単にできた。
 
 工業的プロセスで合成すれば、
収率50%も見込める。
 
 製造コストを下げて、ぜひ工業化を実現
したい。
 
 仮に国内で生産されるPET樹脂すべてを
この方法で生産するとすれば、
毎年100万トン近いCO2排出削減に
つながる」と話している。
 
 関連リンク
---------------------------------------
 
 どこまで拡大出来るのか良く
わかりませんが、
 
>仮に国内で生産されるPET樹脂すべて
>をこの方法で生産するとすれば、
>毎年100万トン近いCO2排出削減に
>つながる」
 
 すごいです。
 
 是非実現したいものです。
 
>非食用バイオマスで大量に製造される
>フラフールからPET樹脂の原料を
>合成できるわけがないという思い込み
>が強かった。
 
 思い込みを乗り越えた成果、素晴らしい。

|

« 理工・大島研など 脊髄損傷における新たな治療標的タンパク質を特定 ―より特異的・効果的な神経再生医療に期待― | トップページ | (天声人語)忘却を拒む舞台劇 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61098619

この記事へのトラックバック一覧です: PET樹脂を非食用バイオマスから製造:

« 理工・大島研など 脊髄損傷における新たな治療標的タンパク質を特定 ―より特異的・効果的な神経再生医療に期待― | トップページ | (天声人語)忘却を拒む舞台劇 »