« 「自己免疫疾患の新しい発現機構を発見!」 ~X線を用いて抗原複合体1分子動態連続計測に成功~ | トップページ | 軟骨細胞培養し膝へ移植 磐田・新都市病院 »

2015年1月23日 (金)

自然免疫に関わるタンパク質がRNAの分解産物を認識する仕組みを解明

2015年1月21日
物質構造科学研究所トピックス
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京大学大学院薬学系研究科の清水敏之
教授、丹治裕美大学院生、大戸梅治講師
らの研究グループは、病原体由来の
一本鎖RNAを感知して自然免疫系を活性化
するToll様受容体8(TLR8)が一本鎖RNAを
認識する様子の詳細な三次元構造を、
フォトンファクトリーBL-5Aおよび
SPring-8を用いて世界で初めて解明
しました。
 
 私たちの体には、病原体に対する
防御機構として自然免疫機構が備わって
います。
 
 病原体は主にTLR受容体と呼ばれる
タンパク質が感知しており、炎症反応など
を起こすことで生体を病原体から守って
います。
 
 TLR受容体には病原体由来の一本鎖RNA
を感知するもの(TLR7とTLR8)が知られて
おり、ウイルス感染や自己免疫疾患などの
病態に関わっていることがわかって
いました。
 
 しかしTLR7やTLR8がどのようにして
一本鎖RNAを認識しているのかは不明
でした。
 
 今回、研究グループは、TLR8と
一本鎖RNAが結合した状態(複合体)の
詳細な三次元構造を放射光を用いた
構造解析により高い分解能で解明
しました。
 
 その結果、TLR8は一本鎖RNAだけを認識
しているのではなく、一本鎖RNAと、
一本鎖RNAが分解されて生じるウリジン
という低分子の両者を同時に異なる部位で
認識しており、これらの協調的な作用
によって活性化されることが
わかりました。
 
 病原体由来のRNAを認識するTLR7および
TLR8は、ウイルス感染や自己免疫疾患、
さらにはがんに至るまで、さまざまな疾患
に関わっていることがわかっています。
 
 これまでTLR8は一本鎖RNAを認識する
受容体だと考えられていましたが、今回の
結果からウリジンも同時に認識している
ことが明らかになりました。
 
 このことは、TLR8を標的にした創薬
において、2つの部位で制御するという
新しい視点を取り入れた治療薬開発に
応用できると期待されます。
 
 本成果は英国の科学誌
Nature Structural & Molecular Biology
誌のオンライン版に2015年1月19日付で
掲載されました。
 
 東京大学発表のプレスリリースは
---------------------------------------
 
 この研究は自然免疫に関するものです。
 
 免疫に関する研究も、分子レベルに
なって来ましたね。
 
>TLR7およびTLR8は、ウイルス感染や
>自己免疫疾患、さらにはがんに至る
>まで、さまざまな疾患に関わっている
>ことがわかっています。
 
>TLR8を標的にした創薬において、
>2つの部位で制御するという
>新しい視点を取り入れた治療薬開発に
>応用できると期待されます。
 
 期待しましょう。
 
 但し、時間はかかりそう。

|

« 「自己免疫疾患の新しい発現機構を発見!」 ~X線を用いて抗原複合体1分子動態連続計測に成功~ | トップページ | 軟骨細胞培養し膝へ移植 磐田・新都市病院 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61018632

この記事へのトラックバック一覧です: 自然免疫に関わるタンパク質がRNAの分解産物を認識する仕組みを解明:

« 「自己免疫疾患の新しい発現機構を発見!」 ~X線を用いて抗原複合体1分子動態連続計測に成功~ | トップページ | 軟骨細胞培養し膝へ移植 磐田・新都市病院 »