« ホルモン療法が膀胱がんの再発を抑制 | トップページ | B型肝炎ウイルスを抑制する仕組み発見 »

2015年1月13日 (火)

脂肪が消える!? 海の生物から肥満治療薬をつくる! ~日本の海は宝の山!新物質を発見し夢の新薬開発へ~

2015年1月11日放送 夢の扉+
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 「好奇心がなくなったら 普通の老人に
なる」
 
 普段、飲んでいる“薬”、何から
作られているかご存知だろうか―。
 
 その原料の多くは、陸上に生息する
生物由来のもの。
 
 だが、100万種以上の生物が棲み、
薬になる有効な物質が眠っている
可能性を無限に秘めた場所がある。
 
 それは、海―。
 
 実際、海洋生物から、
「乳がんの治療薬」につながる物質を
見つけ出した化学者がいる。
 
 “天然物化学”の第一人者、神奈川大学
教授・上村大輔。
 
 上村の発見により日本で開発された
その薬は、現在、世界50カ国以上で
承認されている。
 
 『あきらめずに、自分の好奇心を満たす
努力をすれば、必ず結果がついてくる―』
 
 上村の次なるターゲットは、
“脂肪を消し去る”新物質を持つ海洋生物。
 
 体に蓄積された脂肪に直接働きかける、
新たな肥満治療薬の開発を目指す。
 
 目をつけたのは、約30億年前から存在
するという「藍藻(らんそう)」と
呼ばれる藻の一種。
 
 しかし、3000種ほどあるという
藍藻・・。
 
 上村は“宝”を探し出せるのか?
 
 そして、極わずかしか取り出せない
物質から新薬をつくるために、上村が
とった秘策とは―?
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 特に
>「好奇心がなくなったら 普通の老人に
>なる」
 
 と言う言葉が好きです。
 いつもそうありたいと思っています。
 これは天性のものかも知れませんが、
 
>普段、飲んでいる“薬”、何から
>作られているかご存知だろうか―。
>その原料の多くは、陸上に生息する
>生物由来のもの。
 
 そうなんですね。
 
 要するに昔的に言えば、薬草です。
 それを分子構造まで解析して薬として
世に出しているのが殆どと言っている。
 
 その貴重な物質を探し出す力は、
「好奇心」
 
 そう思います。
 
 脂肪に直接働きかけて、無くして
しまう。
 
 すごいですね。
 応援したい。
 
 関連記事です。
2015年1月2日 Med エッジ
 
 こちらも注目です。
 

|

« ホルモン療法が膀胱がんの再発を抑制 | トップページ | B型肝炎ウイルスを抑制する仕組み発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60968049

この記事へのトラックバック一覧です: 脂肪が消える!? 海の生物から肥満治療薬をつくる! ~日本の海は宝の山!新物質を発見し夢の新薬開発へ~:

« ホルモン療法が膀胱がんの再発を抑制 | トップページ | B型肝炎ウイルスを抑制する仕組み発見 »