« がんや感染症への攻撃力を高める新技術「MSR」を発表、米国ハーバード大学 | トップページ | 広島大学が産・官の協力を得て開発したトランジスタモデル「HiSIM-SOTB」が日本で4つめの国際標準に選定 »

2015年1月11日 (日)

廃シリコン粉末のレーザ焼結による多孔質複合厚膜の創製に成功 -産業廃棄物からリチウムイオン電池製造の可能性-

2015/01/08 慶應義塾大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 慶應義塾大学理工学部機械工学科の
閻 紀旺(やん じわん)教授の
研究グループは、半導体デバイスや
太陽電池の生産過程で大量に発生する
廃シリコン粉末を主原料に
カーボンナノファイバーを添加し、
特定条件下でのレーザ焼結技術を用いた
多孔質の複合厚膜の創製に世界で初めて
成功しました。
 
 本手法は膜の機械的強度、結晶性および
気孔率を同時に制御することができる
ため、高容量かつ低コストの
リチウムイオン電池負極を作るための
新しい製造プロセスの可能性を示すもの
として期待されます。
 
 本研究成果の一部は、2015年1月5日に、
応用物理学会のレター誌
『Applied Physics Express』の
オンライン版で公開されました※。
 
 プレスリリースは下記
---------------------------------------
 
 廃シリコン粉末の有効活用によって
産業廃棄物問題が解決出来ると同時に
低コストのリチウムイオン電池負極を
作るための新しい製造プロセスの
可能性が出てきました。
 
 素晴らしいと思います。
 
 とにかく現在の高性能蓄電池の価格は
高すぎます。
 
 もっと安価になって欲しい。
 
 いろいろ可能性のありそうな記事が
あるのですが、なかなか市場に出て
来ませんね。
 
 再生可能エネルギー普及の促進にも
関わるし、安価な蓄電池の出現を願って
います。

|

« がんや感染症への攻撃力を高める新技術「MSR」を発表、米国ハーバード大学 | トップページ | 広島大学が産・官の協力を得て開発したトランジスタモデル「HiSIM-SOTB」が日本で4つめの国際標準に選定 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60955736

この記事へのトラックバック一覧です: 廃シリコン粉末のレーザ焼結による多孔質複合厚膜の創製に成功 -産業廃棄物からリチウムイオン電池製造の可能性-:

« がんや感染症への攻撃力を高める新技術「MSR」を発表、米国ハーバード大学 | トップページ | 広島大学が産・官の協力を得て開発したトランジスタモデル「HiSIM-SOTB」が日本で4つめの国際標準に選定 »