« 多能性幹細胞から遺伝子を用いて生殖細胞を誘導することに成功 | トップページ | 生活習慣や遺伝は関係ない?がんの発生原因、6割以上はDNAの突然変異との調査結果 »

2015年1月 7日 (水)

野菜くずがお宝に 栄養満載のだし「ベジブロス」

2014/12/18 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 必要なのは、両手いっぱいの野菜くずに
酒と水だけ。
 
 弱火で煮出せば、野菜のくずは次第に
栄養満点の「お宝スープ」に姿を変える。
 
 この野菜から取るだしの「ベジブロス」
には、「ファイトケミカル」という
機能成分が満載なのだ。
 
 「抗酸化作用があり免疫力を向上させる
効果もあるとされるファイトケミカルには、
近年注目が高まっています」
(順天堂大学大学院教授の白澤卓二さん)
 
 野菜の細胞内にあるファイトケミカルは
加熱によって細胞外へ溶け出す性質がある。
 
 ベジブロスなら、生野菜ジュースよりも
効率的に摂取できるのもメリットだ。
 
 「皮やヘタ、種など、食べられないと
捨てていた部分に、実は野菜の栄養が
凝縮されています」(白澤さん)
 
 皮は土の中の害虫や細菌、紫外線から
身を守るために、種やヘタはこれから成長
するために、栄養が詰まっているのだ。
 
 「従来、くずとされてきた部分にこそ野菜
の底力があるのです」(白澤さん)。
 
 さまざまな野菜の、あらゆる部位を
「ベジブロス」に変身させることで、
野菜の栄養を余すところなくいただこう。
 
■ベジブロスのここがすごい
(1)料理のおいしさを引き立てる
  「だし」として活躍
(2)野菜を有効活用できる
(3)免疫力がアップ
(4)抗酸化力がアップ
(5)抗がん作用も期待できる
---------------------------------------
 
 素晴らしいですね。
 
 是非見てください。
 
 活用しましょう。

|

« 多能性幹細胞から遺伝子を用いて生殖細胞を誘導することに成功 | トップページ | 生活習慣や遺伝は関係ない?がんの発生原因、6割以上はDNAの突然変異との調査結果 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菜くずがお宝に 栄養満載のだし「ベジブロス」:

« 多能性幹細胞から遺伝子を用いて生殖細胞を誘導することに成功 | トップページ | 生活習慣や遺伝は関係ない?がんの発生原因、6割以上はDNAの突然変異との調査結果 »