« 慶応大、iPS由来細胞のがん化可能性判定する新手法 | トップページ | ポリユビキチン鎖のアミロイド様線維形成を発見-京大 »

2015年1月24日 (土)

台風発生の2週間予測が実現可能であることを実証 ―台風発生予測の実用化に向けた第一歩―

2015年 1月 20日
独立行政法人海洋研究開発機構
東京大学大気海洋研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 独立行政法人海洋研究開発機構
(以下「JAMSTEC」という。)
シームレス環境予測研究分野の中野満寿男
特任研究員と東京大学大気海洋研究所の
佐藤正樹教授らの共同研究チームは、
2004年8月に発生した8つの台風について、
地球全体の雲の生成・消滅を詳細に計算
できる全球雲システム解像モデル
「NICAM」(※1)を
スーパーコンピュータ「京」(※2)で
実行することで多数のシミュレーション
を実施し、約2週間先の台風発生予測が
可能であることを実証しました。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>本成果は雲システムを解像できる
>全球モデルNICAMが、BSISOを高い精度
>で予測でき、その結果台風発生も
>高い精度で予測可能となることを
>世界に先駆けて実証したもので、
>台風発生予測実用化への扉を開く
>ものです。
 
>今回の研究成果は、2004年という
>BSISOが顕著に見られた年について、
>台風発生予測が2週間前から可能である
>ことを示したもので、BSISOが顕著
>ではない年でも同様に2週間前から
>予測が可能であるのか、そうである
>(ない)としたらその理由は何かを
>今後検証していく必要があります。
>また、発生後の進路や強度の予測も
>防災には重要であり、今後検証して
>いく必要があります。
 
 まだ課題が幾つか残っているよう
です。
 
 今後に期待しましょう。

|

« 慶応大、iPS由来細胞のがん化可能性判定する新手法 | トップページ | ポリユビキチン鎖のアミロイド様線維形成を発見-京大 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61024569

この記事へのトラックバック一覧です: 台風発生の2週間予測が実現可能であることを実証 ―台風発生予測の実用化に向けた第一歩―:

« 慶応大、iPS由来細胞のがん化可能性判定する新手法 | トップページ | ポリユビキチン鎖のアミロイド様線維形成を発見-京大 »