« ヒトES細胞から小脳の神経組織への分化誘導に成功 | トップページ | 自己免疫疾患を回避する免疫系のシステムを解明(坂口 教授らが Science に掲載) »

2015年1月31日 (土)

脳梗塞治療の新しい突破口 ―発症1時間以内の血栓溶解療法を可能にするCT搭載スーパー救急車―

2015年01月18日
Neurology
興味を持った「神経内科」論文
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 脳梗塞に対する根本的治療薬は,
現在,tPA(組織プラスミノゲン・
アクチベーター)のみである.
 
 このtPA療法の治療成績を向上させる
戦略としては,
①治療開始時間の短縮,
②血栓溶解効率の改善,
③治療可能時間域
 (現在,発症から4.5時間以内)の延長,
④tPA自身が持つ毒性の軽減,
⑤脳出血合併症の抑制が考えられる.
 
 われわれ新潟大学脳研究所脳循環代謝
チームでは,③~⑤を目指した基礎研究
を行い,tPAの毒性を軽減することで
脳出血合併症を抑制し,治療可能時間を
延長する併用薬(VEGF抑制薬,
アンジオポエチン1等)の臨床応用を
目指している.
 
 ただ一番理想的なのは,戦略①,つまり
治療開始時間を短縮することではないかと
考えている.
 
 tPA療法は上述のごとく,発症から
4.5時間まで認められているが,それは
4.5時間までなら同じように効果がある
ということではない.
 
 早く治療開始できれば早いほど
その効果は高い.
 
 とくに発症1時間以内での効果は大きく,
tPA療法の「ゴールデンアワー」と
呼ばれている.
 
 しかし,病院内で脳梗塞を発症した場合
を除くと,なかなかゴールデンアワーでの
治療は難しい.
 
 患者・家族が脳梗塞を疑い,早急に
救急車を呼び,かつtPA療法の可能な病院
に速やかに搬送され,病院でも診察,
頭部CTが速やかに行われる必要がある.
 
 救急車内での治療開始は可能であること
を示したFAST-MAG trialを本ブログでも
紹介したが,脳梗塞と脳出血の区別が
つかないのではtPA療法を開始できない
という弱点があった.
 
 私は「もう救急車にCTスキャンを搭載
するしかない」と言っていたのだが,
まさにそのようなスーパー救急車による
「ゴールデンアワーtPA療法」がドイツ
(ベルリン)から報告されたので紹介
したい.
 
-----
 
 本研究の検討期間は2011年5月から
2013年1月で,スーパー救急車と呼べる
STEMO(stroke emergency mobile unit)
を使用した.
 
 STEMOはCTスキャンを搭載し,さらに
緊急ラボ検査や遠隔医療が可能である.
 
 救急医療の訓練を受けた神経内科医,
パラメディック,放射線技師が搭乗する.
 
-----
 
 以上より,STEMOは発症からtPA療法まで
の時間を約25分短縮し,ゴールデンアワー
tPA療法の割合を増加させることが証明
された.
 
 またゴールデンアワーtPA療法は,
患者の短期的予後を改善することが
示された.
 
 日本でもCTスキャンを積んだドクター
カーの導入を積極的に進めるべきと
思われる.
---------------------------------------
 
 同感です。
 
 ドイツで出来ることが、日本で出来ない
はずは無いと思う。
 
 是非、壁を突破して実現してもらいたい
と切に願う。

|

« ヒトES細胞から小脳の神経組織への分化誘導に成功 | トップページ | 自己免疫疾患を回避する免疫系のシステムを解明(坂口 教授らが Science に掲載) »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61062934

この記事へのトラックバック一覧です: 脳梗塞治療の新しい突破口 ―発症1時間以内の血栓溶解療法を可能にするCT搭載スーパー救急車―:

« ヒトES細胞から小脳の神経組織への分化誘導に成功 | トップページ | 自己免疫疾患を回避する免疫系のシステムを解明(坂口 教授らが Science に掲載) »