« “沈黙の殺人者”から命を守れ!血管の硬さを測る血圧計 | トップページ | 脳腫瘍のウイルス療法、医師主導治験を開始- 東大医科研、「早期の医薬品承認目指す」 »

2014年12月23日 (火)

(科学の扉)植物で薬をつくる 遺伝子組み換え、育てて抽出

2014年12月22日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 遺伝子を導入する技術を使って植物の中
で薬をつくる研究が進んでいる。
 
 化学合成したり微生物につくらせたり
する方法と比べ、より速く、安く、安全に
つくれる可能性を秘める。
 
 新手法が相次いで登場し、普及への期待
が高まってきた。
 
 エボラ出血熱の治療に効果が期待される
米国の未承認治療薬「ZMapp
(ジーマップ)」。
 
 世界が注目するこの薬、ケンタッキー州
の植物工場で育つ「タバコの近縁種」の
葉からつくられている。
 
 まず、植物に感染する性質を持つ土壌細菌
(アグロバクテリウム)に、薬の成分の
たんぱく質を作る遺伝子を導入する。
 
 この細菌が入った溶液を容器に満たし、
この葉を浸す。
 
 そのまま減圧すると、細菌が葉全体に
感染しやすくなり、導入した遺伝子が
葉の細胞に効率よく取り込まれていく。
 
 あとはこの植物を1週間ほど育てて、
刈り取るだけ。
 
 葉の中でつくられた目的のたんぱく質を
抽出し、薬にする。
---------------------------------------
 
 技術の進歩は早いですね。
 
 植物を利用した方が効率的なそうです。
 
 この記事ではこれ以外にも、いろいろ
紹介されています。
 
 全てではないにしても、方向としては
この方向になって行くのでしょうか?

|

« “沈黙の殺人者”から命を守れ!血管の硬さを測る血圧計 | トップページ | 脳腫瘍のウイルス療法、医師主導治験を開始- 東大医科研、「早期の医薬品承認目指す」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60853470

この記事へのトラックバック一覧です: (科学の扉)植物で薬をつくる 遺伝子組み換え、育てて抽出:

« “沈黙の殺人者”から命を守れ!血管の硬さを測る血圧計 | トップページ | 脳腫瘍のウイルス療法、医師主導治験を開始- 東大医科研、「早期の医薬品承認目指す」 »