« 「はやぶさ2」分離成功 | トップページ | 過去5年間の携帯電話買い替え1回以下、日本が最多 - デロイト トーマツ »

2014年12月 4日 (木)

大腸がんを悪化させる分子特定 転移予測の実用化目標 京大など

2014年12月4日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 大腸がん悪化の目印となる分子を京都大
などのグループが見つけ、3日発表した。
 
 この分子に特定の化学変化が起きている
と、がん細胞が別の場所に移って転移
しやすくなり生存率が低かった。
 
 大腸がんの転移を予測する診断法は
まだ確立されておらず、数年後の実用化
を目指している。
 
 グループはマウスを使って転移を起こす
大腸がんの細胞を研究。
 
 「Trio(トリオ)」という
たんぱく質の特定の部位に化学変化が
起きていると、がん細胞の運動を促す
分子を活性化させることがわかった。
---------------------------------------
 
 がんが転移する原因の特定は難しい。
がん幹細胞の話しもありますし、
いろいろです。
 
 今回発見された蛋白質の変異は、転移に
かなり影響するようですね。
 
 大腸がんの転移予測まで出来るように
なれば素晴らしい。

|

« 「はやぶさ2」分離成功 | トップページ | 過去5年間の携帯電話買い替え1回以下、日本が最多 - デロイト トーマツ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60758731

この記事へのトラックバック一覧です: 大腸がんを悪化させる分子特定 転移予測の実用化目標 京大など:

« 「はやぶさ2」分離成功 | トップページ | 過去5年間の携帯電話買い替え1回以下、日本が最多 - デロイト トーマツ »