« 青は殺虫光線だった。虫たちで発見 | トップページ | 「胃瘻はよくない」がおかしなことになっている »

2014年12月16日 (火)

日機装が深紫外線LED量産 医療や環境幅広く

2014/12/16 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 工業用ポンプ製造大手の日機装は来春
にも製造現場での活用が見込まれる
深紫外線発光ダイオード(LED)の量産
を始める。
 
 出力と発光効率を両立させるため約10年
をかけて量産技術を研究し、安定供給できる
体制を整えた。
 
 狙いはLED単体にとどまらない、
ポンプ技術を応用した付加価値品の創出だ。
 
■ノーベル賞の赤崎・天野教授の成
 
 日機装グループは赤崎教授や天野浩・
名古屋大学教授の研究をもとに2006年、
深紫外線LEDの開発に着手した。
 
 深紫外線LEDは青色LEDよりも
さらに波長の短い光を発し、殺菌などの
効果を得られる特長がある。
 
 ただ品質の高い素子を大量生産するのが
当初からの難題だった。
 
 素子となる結晶を均一性を保ちながら
成長させるため、赤崎教授と天野教授の
指導を得つつ、生産技術を磨いてきた。
---------------------------------------
 
>出力と発光効率を両立させるため約10年
>をかけて量産技術を研究
 
 素晴らしいです。
 
 良い製品は一朝一夕では出来ない
のですね。
 
 期待しています。
 
 関連投稿です。
2012年12月31日
 
 こちらのものとは違うもののようです。
 日機装は約10年かけた。
 と言っていますから、
 
 競争激しいですね。

|

« 青は殺虫光線だった。虫たちで発見 | トップページ | 「胃瘻はよくない」がおかしなことになっている »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60818812

この記事へのトラックバック一覧です: 日機装が深紫外線LED量産 医療や環境幅広く :

« 青は殺虫光線だった。虫たちで発見 | トップページ | 「胃瘻はよくない」がおかしなことになっている »