« 乳酸菌とその多糖に免疫賦活・炎症抑制効果を確認 - 2014年12月13日(土)実施の第12回日本機能性食品医用学会総会にて発表 - | トップページ | 炎症反応誘導に必須な分子の活性化を抑制する仕組みの一端を解明 »

2014年12月18日 (木)

コンロビア大学メディカルセンター、3Dプリントによる膝半月板の再生医療に成功

2014年12月16日 techcrunch
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 すばらしいニュースだ。
 
 コロンビア大学メディカル・センターの
研究チームは3Dプリントしたプラスティック
の人工枠組みと特殊なタンパク質増殖シテム
を用いて摩耗、損傷した膝半月板を
再生させる実験に成功した。
 
 プラスティック製の枠組みは1月程度で
体内のタンパク質を吸収して本物の半月板
になるという。
 
 チームリーダーのジェレミー・マオ医師
によれば 「損傷ないし摩耗した膝半月板
について、今のところ整形外科医のできる
ことはあまりない。
 
 小さいな破片なら手術で縫合することも
できるが、広範囲の損傷の場合は全体を
除去するしかない。
 
 これによって痛みや腫れは減少するが、
大腿骨と脛骨の間の緩衝材がなくなる
ので関節炎を起こす危険性が高くなる」
という。
 
 羊を用いた動物実験は成功し、半月板は
4週間から6週間で再生した。
 
 プラスティックは自然に分解した。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。膝半月板の再生は難しいと
思っていたのですが、有望そうです。
 
>マオ博士のチームは臨床テストのために
>研究資金を集めている。
 とのことです。
 
 多に期待したいです。
 
 3Dプリント、他にもいろいろニュースに
出てきますが、なかなか役に立ちますね。

|

« 乳酸菌とその多糖に免疫賦活・炎症抑制効果を確認 - 2014年12月13日(土)実施の第12回日本機能性食品医用学会総会にて発表 - | トップページ | 炎症反応誘導に必須な分子の活性化を抑制する仕組みの一端を解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60828302

この記事へのトラックバック一覧です: コンロビア大学メディカルセンター、3Dプリントによる膝半月板の再生医療に成功:

« 乳酸菌とその多糖に免疫賦活・炎症抑制効果を確認 - 2014年12月13日(土)実施の第12回日本機能性食品医用学会総会にて発表 - | トップページ | 炎症反応誘導に必須な分子の活性化を抑制する仕組みの一端を解明 »