« 水素社会がやってくる 未来をひらく基礎研究 | トップページ | オーキシンデグロン(AID)法を応用した細胞自死システムの開発 »

2014年12月30日 (火)

2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発

2014年12月24日 diginfo.tv
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 2Dイラストを3D空間上で立体的に動かす、
独自の映像技術を持つ株式会社Live2Dは、
360度の立体表現に対応した新シリーズ
「Live2D Euclid」を開発しました。
 
 Live2Dは、3Dモデルでは再現が
難しかった原画本来の魅力を損なわずに、
絵のまま自由に動かせることから、2009年
の提供開始以来、100件以上の商業作品で
採用されています。
 
 今回360度の表現に対応したことで、
アクションゲームなどフィールドを
走り回るような本格的なゲームでも
Live2Dの表現力を活かせるように
なります。
---------------------------------------
 
 なるほど。
 
 良く考えてみれば、漫画は、あるいは
アニメの原画は二次元ですね。
 
 その時の可愛さをそのまま三次元で
再現出来るかどうかは、別の話。
 
 顔などは二次元のままで良いはず。
 
 面白いですね。考えてもみなかった。

|

« 水素社会がやってくる 未来をひらく基礎研究 | トップページ | オーキシンデグロン(AID)法を応用した細胞自死システムの開発 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60892186

この記事へのトラックバック一覧です: 2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発:

« 水素社会がやってくる 未来をひらく基礎研究 | トップページ | オーキシンデグロン(AID)法を応用した細胞自死システムの開発 »