« NSAの盗聴活動、世界中のキャリアの情報を収集か | トップページ | 口腔の創傷治癒を促進する生体メカニズムを解明 »

2014年12月 9日 (火)

LEDランプ明るさ1.6倍 小糸、自動車分野で独走

2014/12/8 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 自動車照明器大手の小糸製作所が
発光ダイオード(LED)ヘッドランプの
開発を急いでいる。
 
 その成果の1つが、明るさを従来比1.6倍
に向上させ、世界初となるロービームと
ハイビームの両機能を備えた
LEDヘッドランプの量産だ。
 
 消費電力が少なく長寿命なLEDは
今後の普及に拍車がかかるとみられる。
 
 高価格帯から低価格帯までの幅広い
品ぞろえを強みに、自動車用LED分野
で独走していく姿勢だ。
---------------------------------------
 
 ついに自動車のヘッドランプもLED
の時代になったのですね。
 
 私の頃はえらく暗かったのに、
30年位前の話ですが、

|

« NSAの盗聴活動、世界中のキャリアの情報を収集か | トップページ | 口腔の創傷治癒を促進する生体メカニズムを解明 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60784404

この記事へのトラックバック一覧です: LEDランプ明るさ1.6倍 小糸、自動車分野で独走:

« NSAの盗聴活動、世界中のキャリアの情報を収集か | トップページ | 口腔の創傷治癒を促進する生体メカニズムを解明 »