« (科学の扉)植物で薬をつくる 遺伝子組み換え、育てて抽出 | トップページ | 遺伝子1種入れ皮膚細胞を血管細胞に 慶大・久留米大チーム »

2014年12月25日 (木)

脳腫瘍のウイルス療法、医師主導治験を開始- 東大医科研、「早期の医薬品承認目指す」

2014年12月19日 CB news
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
会員登録が必要です。
 
---------------------------------------
 東大医科学研究所附属病院は18日、
脳腫瘍の初期治療後に残存や再発した患者
を対象に、ウイルス療法による医師主導の
治験を開始すると発表した。
 
 ヘルペスウイルスの遺伝子を改変した、
がん細胞を破壊するウイルスを使うという。
 
 同病院は「国内初のがん治療用
ウイルス薬として、早期の医薬品承認を
目指す」としている。【新井哉】
 
 がんのウイルス療法は、がん細胞だけで
増殖するウイルスを投与することで、
直接がん細胞を破壊する手法。
 
 同病院によると、対象となる疾患は、
5年生存率が10%未満で治療は困難と
されている脳腫瘍の「膠芽腫」で、
口唇ヘルペスウイルスの遺伝子を改変した、
がん治療用ヘルペスウイルスを投与する。
 
 定位脳手術による腫瘍内投与を行い、
最大6回まで繰り返し投与する方針。
 
 1―2回目の投与は5―14日間隔、
3回目以降は4週間の間隔を空ける。
 
 被験者は30人を予定しており、今月下旬
から試験を始めるという。
 
 同病院は「今回の治験開始により、
国産のがんウイルス薬が、実用化に向けて
大きく前進する」としている。
---------------------------------------
 
 素晴らしいことなんですが、どうして
こうも医師主導の治験には時間がかかる
のでしょうか?
 
 お金の問題なのでしょうか?
 
 関連投稿です。
2013年9月13日
 
 2009/8中にも臨床試験をと言っていた
のに、どういうことになっているのかな?
 
 素晴らしい治療法だと思うので、
 とにかく具体的に進み出したのは
めでたいことで、期待しています。

|

« (科学の扉)植物で薬をつくる 遺伝子組み換え、育てて抽出 | トップページ | 遺伝子1種入れ皮膚細胞を血管細胞に 慶大・久留米大チーム »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60863313

この記事へのトラックバック一覧です: 脳腫瘍のウイルス療法、医師主導治験を開始- 東大医科研、「早期の医薬品承認目指す」:

« (科学の扉)植物で薬をつくる 遺伝子組み換え、育てて抽出 | トップページ | 遺伝子1種入れ皮膚細胞を血管細胞に 慶大・久留米大チーム »