« (ひと)植田耕一郎さん 食べるリハビリを広める歯学部教授 | トップページ | メリット皆無のカジノ法案には大反対 »

2014年11月 5日 (水)

依存性抑えた新型睡眠薬 11月中にも発売

2014年11月5日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 新しいタイプの睡眠薬が、世界に先駆けて
日本で今月下旬にも発売される。
 
 現在、日本で主に使われている睡眠薬は
依存性が問題になっているが、新薬は、
臨床試験(治験)では依存性が確認されて
いないという。
 
 この薬は「スボレキサント
(商品名ベルソムラ)」。
 
 錠剤で、米製薬企業が開発した。
 
 脳の覚醒を維持する神経伝達物質の
働きを抑えることで、脳を覚醒状態から
睡眠状態に移らせるとしている。
 
 不安を抑える別の神経伝達物質の働き
を強めるなどの従来の薬とは、作用が
異なる。
 
 成人の20人に1人が睡眠薬を飲んで
いるという。
 
 日本で医師が処方している睡眠薬は、
ベンゾジアゼピン(BZ)系薬が8割近く
を占める。
 
 しかし、BZ系薬は、薬をやめられなく
なる依存性や、やめたときに不安、不眠
などが生じる離脱症状が問題化している。
 
 欧米では処方が控えられ、長期的な使用
も制限されている。
---------------------------------------
 
 Good News!
 
 依存性のある薬は良くないですね。
 
>新薬は、臨床試験(治験)では
>依存性が確認されていないという。
 
 素晴らしいと思います。
 
 睡眠薬を馬鹿にしてはいけません。
 
 睡眠不足で、医者に行き処方された
薬を飲んでついには薬物依存症になって
亡くなられた方の話しを思い出します。
 
 日本の医者は薬を出しすぎる。
 
 特に依存性があると原因が特定しにくく
なる。気をつけないといけない。
 
 新薬に期待したい。

|

« (ひと)植田耕一郎さん 食べるリハビリを広める歯学部教授 | トップページ | メリット皆無のカジノ法案には大反対 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60602586

この記事へのトラックバック一覧です: 依存性抑えた新型睡眠薬 11月中にも発売:

« (ひと)植田耕一郎さん 食べるリハビリを広める歯学部教授 | トップページ | メリット皆無のカジノ法案には大反対 »