« この現実を見よ! 戦争から戻っても自殺が絶えない米復員軍人 | トップページ | トヨタ、「ミライ」に透ける焦り 米国規制で揺らぐ立場 »

2014年11月21日 (金)

作業・介護支援用の装着型ロボットに初の国際安全規格

2014年11月12日
新エネルギー・産業技術総合開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDO生活支援ロボット実用化プロジェクト
の成果をもとに、CYBERDYNE(株)は、
「HAL作業支援用(腰タイプ)」及び
「HAL介護支援用(腰タイプ)」について、
生活支援ロボットの国際安全規格
ISO 13482:2014の認証を日本品質保証機構
(JQA)から取得しました。
 
 作業者及び介護者向けの装着型ロボット
としては、世界で最初の認証取得
となります。
 
 この認証取得によって、当該製品の
安全性が国際基準を満たしていることが
認められ、今後のグローバルでの普及の
足がかりとなります。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 生活支援ロボットとして
>世界で最初の認証取得
 とのこと。
 
>ロボットスーツHAL(R)医療用
はCEマーキング取得済みです。
 
 
>今後のグローバルでの普及の足がかり
>となります。
 
 良い製品として世界に羽ばたくことが
出来れば喜ばしい。

|

« この現実を見よ! 戦争から戻っても自殺が絶えない米復員軍人 | トップページ | トヨタ、「ミライ」に透ける焦り 米国規制で揺らぐ立場 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60688888

この記事へのトラックバック一覧です: 作業・介護支援用の装着型ロボットに初の国際安全規格:

« この現実を見よ! 戦争から戻っても自殺が絶えない米復員軍人 | トップページ | トヨタ、「ミライ」に透ける焦り 米国規制で揺らぐ立場 »