« 「ペプチド」でがん治療 熊大が臨床成果 | トップページ | 宇宙の深淵のぞけ ガラス界のいぶし銀「オハラ」 »

2014年11月16日 (日)

「名前検索される、恐怖」 「忘れられる権利」判決で注目

2014年11月16日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 忘れられる権利――。
 
 ネット上で個人のプライバシーを守る
新たな「権利」が注目されている。
 
 きっかけは、欧州連合(EU)の
司法裁判所の今年5月の判決だ。
 
 ネット上に残る個人に不都合な情報を、
検索結果から削除するよう、検索サイト
世界最大手「グーグル」に命令。
 
 忘れられる権利が認められたとして
世界的ニュースになった。
 
 国内に住む日本人男性はそのニュース
に釘付けになった。
 
 男性は、ネット上に残る書き込みに
悩んでいた。
 
 グーグルで自分の名前を検索すると、
犯罪に関わっているかのような検索結果が
多数出る状態だった。
 
 サイトの書き込みの削除を、一つひとつ
のサイト管理者らに求める裁判を
4年続けていた。
 
 消しても消しても拡散し、お金だけが
消えた。
 
 金融機関に名前を検索され、融資が
おりなくなるなど、自分のビジネスにも
大きな支障が出ていた。
 
 すぐに弁護士にメールした。
 
 「先生、これ日本でもできませんか」
 
 約5カ月後の10月9日。
 
 東京地裁は、男性が求めた237件の
検索結果の削除のうち、男性の人格権に
著しい損害を与えかねない122件に
ついて、グーグルに削除を命じる仮処分
を決定。
 
 日本で初めてとみられる司法判断に
つながった。
---------------------------------------
 
 「忘れられる権利」大切だと思います。
 
 ネット上で個人のプライバシーを守る
新たな「権利」
 
 根も葉もない誹謗中傷がいつまでも
残ったのでは「問題」
 
 人権は守られるべきもの。
 ネット上であろうと例外ではない。
 

|

« 「ペプチド」でがん治療 熊大が臨床成果 | トップページ | 宇宙の深淵のぞけ ガラス界のいぶし銀「オハラ」 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60662142

この記事へのトラックバック一覧です: 「名前検索される、恐怖」 「忘れられる権利」判決で注目:

« 「ペプチド」でがん治療 熊大が臨床成果 | トップページ | 宇宙の深淵のぞけ ガラス界のいぶし銀「オハラ」 »