« 腎臓の構造、再現に成功 ラットの細胞から 岡山大 | トップページ | 国債信用力の指標、悪化 消費増税延期、保証料率が上昇 »

2014年11月28日 (金)

(政権2年を問う)雇用 「雇用100万人増」増えたのは非正社員 2014衆院選

2014年11月27日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 「アベノミクスで雇用が100万人
増えた」。
 
 「何を言ってるの?」と耳を疑った。
 
 ハローワークで求人数が増えた実感は
あるが、アルバイトや派遣の募集ばかり。
 
 正社員をみつけても手取りが
12万~15万円程度。
 
 「かけ持ちしなければ、まともに食べて
いけない」
 
 「就業者数は約100万人増加」
「賃上げ率は過去15年で最高」――。
 
 自民党が25日に発表した公約集の冊子
には、雇用に関する「成果」が目立つ。
 
 だが、雇用の「質」は置き去りだ。
 
 2年で増えた約100万人の内訳は
こうだ。
 
 パートや契約社員などの非正社員が
123万人増え、逆に正社員は22万人
減った。
 
 しかも増えた約100万人のうち、
7割が65歳以上だ。
 
 人数の多い「団塊の世代」が高齢化した
のを背景に、働く高齢者が2年前の
356万人から424万人に増えたためだ。
 
 「生きることに必要な物しか買えない。
 
 景気がよくなったなんて、どこの国の
話ですか?」。
 
 都内の私立保育園で保育士として働く
女性(41)は1年前、保育園を運営する
会社の担当者から「今年は月給を上げます」
と言われて喜んだ。
 
 だが、「その分、ボーナスを削ります」。
 
 結局、年収は240万円のままだ。
---------------------------------------
 
 実態はこうだと思う。
 
 確かに全体では潤ったのかもしれないが、
生活している人の大部分が潤いを感じない
状況では意味が無い。
 
 格差は確実に拡大しました。
 
 「金融資産1億円以上の世帯が
100万世帯、一方ゼロ世帯が3割で
高止まり」 です。
 
>生きることに必要な物しか買えない
 
 こんな人達が大多数で、なんで消費が
上向くと考えるのか?
 
 理解出来ない。
 
 今のままの政策では一年半待っても
変わらない。
 
>「世界で一番企業が活動しやすい国を
>目指します」。
>安倍首相は昨春、衆院本会議での
>施政方針演説でこう言いきった。
 
 「大企業が」という条件がつくね。
 労働者は置いてきぼり。
 
>雇用政策を企業の視点から進めるのか、
>働く人の視点でとらえ直すのかが、
>問われる選挙でもある。
 
 選挙に行くのならきちんと評価して
このままの政策で良いのか、そうで
ないのか判断してください。
 
 このままで良ければ自民に、そうで
ないなら、自民以外を選択するのが良い。
 
 選挙に行かないのは、現状の肯定。
 (入れる政党がないから行かない!)
  → これが最悪。
 
 実施した政策の評価が選挙結果に反映
しないとしたら、
 
 何のための選挙、何のための民主主義
かと思う。

|

« 腎臓の構造、再現に成功 ラットの細胞から 岡山大 | トップページ | 国債信用力の指標、悪化 消費増税延期、保証料率が上昇 »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (政権2年を問う)雇用 「雇用100万人増」増えたのは非正社員 2014衆院選:

« 腎臓の構造、再現に成功 ラットの細胞から 岡山大 | トップページ | 国債信用力の指標、悪化 消費増税延期、保証料率が上昇 »