« iPS細胞から心筋細胞を大量製造する技術の開発に着手 - タカラバイオなど | トップページ | 精子と卵子を産み出す細胞分裂に重要なタンパク質脱リン酸化酵素の発見 »

2014年11月 3日 (月)

「細胞から医薬品」国内初申請 芦屋の企業

2014/10/31 神戸新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 兵庫県芦屋市の医薬品メーカー
「JCRファーマ」は、骨髄移植などを
受けて合併症を起こした患者に対し、
骨髄中にある細胞を培養して投与する
再生医療製品について、厚生労働省に
製造販売の承認を申請した。
 
 細胞を治療薬として使う製品の申請は
国内初。
 
 同社は2015年中にも承認を得て
販売したいという。
 
 対象は、白血病などの治療として血液を
つくるもとになる細胞を移植した際、
提供者の免疫細胞が患者の体を異物と
みなして攻撃する合併症
「移植片対宿主病
(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)」。
 
 同社は03年に開発を始め、07年から
製造販売承認のための臨床試験(治験)を
実施。
 
 11~13年の重症患者25人を対象
とした最終段階では、60%の15人で
症状が改善し、問題となる副作用も
なかったことなどから、承認申請を決めた。
 
 健康な人から骨髄液の提供を受けて
特定の幹細胞を分離、培養し、患者に点滴
で投与する。
 
 幹細胞から出るタンパク質が、免疫細胞
の過剰な働きを抑えるという。
 
 拒絶反応が起きにくいため、患者の
タイプを選ばず投与できるといい、
大量培養して凍結保存し、必要なときに
解凍して利用する。
 
 同社は「治療の新たな選択肢になる
ことを期待している」と話す。
---------------------------------------
 
 Good News!
 
>細胞を治療薬として使う製品の申請は
>国内初。
 だそうです。
 
 「再生医療製品」に分類されるらしい。
 
 新しい治療法、期待したいですね。
 
 いろいろ応用出来そうな気がします。

|

« iPS細胞から心筋細胞を大量製造する技術の開発に着手 - タカラバイオなど | トップページ | 精子と卵子を産み出す細胞分裂に重要なタンパク質脱リン酸化酵素の発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60588853

この記事へのトラックバック一覧です: 「細胞から医薬品」国内初申請 芦屋の企業:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/04 09:37) [ケノーベル エージェント]
芦屋市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014年11月 4日 (火) 09時37分

« iPS細胞から心筋細胞を大量製造する技術の開発に着手 - タカラバイオなど | トップページ | 精子と卵子を産み出す細胞分裂に重要なタンパク質脱リン酸化酵素の発見 »