« 東大、最悪性脳腫瘍細胞が腫瘍を作る仕組みを明らかに | トップページ | 次世代パーソナルモビリティWHILL Model A販売開始 »

2014年11月25日 (火)

話題の新型電池「battenice」の正体

2014/02/24 日経テクノロジーonline
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>化学電池ではなく量子技術を用いた
>物理電池に分類されるもの
 だそうです。
 
>日本マイクロニクスによれば、
>新型電池は次のような長所を持つ。
 
>(1)全てが固体からできた電池である
>  ため液漏れの心配がない、
>(2)可燃性の材料を使わないので
>  熱暴走による発火の心配がない、
>(3)レアメタル/レアアースを使わない
>  ので資源調達にも不安がない、
>(4)環境負荷の高い物質を使って
>  いないので環境にやさしい、
>(5)充放電サイクル寿命が長い
>  (加速試験では1万回以上を
>  確認済み、現在10万回以上を
>  目指して試験を継続中)ので廃棄物
>  の低減につながる、
>(6)出力密度がキャパシタ並みに高い
 
 良さそうですね。
 
 ただ、
>電極当たりのエネルギー密度の点
>で高性能なリチウムイオン二次電池に
>劣っている上、技術的なブレークスルーが
>なければエネルギー密度を大幅に向上
>させることは難しそう。
 なんだそうです。
 
 とは言いながら利点はかなりありそう
なので、リチウムイオン二次電池とは
違った用途で有効な使い道があると
思われます。
 
 是非製品化し、新市場を形成
して貰いたい電池です。

|

« 東大、最悪性脳腫瘍細胞が腫瘍を作る仕組みを明らかに | トップページ | 次世代パーソナルモビリティWHILL Model A販売開始 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60711103

この記事へのトラックバック一覧です: 話題の新型電池「battenice」の正体:

« 東大、最悪性脳腫瘍細胞が腫瘍を作る仕組みを明らかに | トップページ | 次世代パーソナルモビリティWHILL Model A販売開始 »