« ナノ構造化でシリコンの熱電変換効率を三倍以上向上させることに成功 | トップページ | 1台で気象観測の6項目が計測可能なセンサー「WXT520 ウェザートランスミッター」 »

2014年11月11日 (火)

従来の2/3の工程で実現!安価な四フッ化エチレンから液晶化合物を合成

2014年10月21日 大阪大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
本研究成果のポイント
 
●安価な四フッ化エチレンから液晶化合物
 を短工程で合成できる新反応の開発に
 成功
 
●液晶以外の新たなフッ素原子を含む
 機能性材料の開発に期待
 
 
-----
リリース概要
 
 大阪大学大学院工学研究科の生越専介
教授、大橋理人講師らは、大阪大学
ダイキン(フッ素化学)共同研究講座との
共同研究により、含フッ素化成品の
基幹工業原料である「四フッ化エチレン
※1」から次世代液晶ディスプレイの
素子材料として期待されている
「テトラフルオロエチレン架橋鎖を有する
液晶化合物※2」を短工程で合成する
新規反応を開発しました。
 
 今回の発見は、低コストでの新たな
含フッ素機能性材料の開発や、高性能
光学デバイスの実用化・普及の一層の
促進につながるものと期待されます。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
>四フッ化エチレンは安価な工業原料
>ですが、その用途はフライパンの
>コーティング剤としてなじみの深い
>「テフロン(R)」をはじめとするフッ素系
>樹脂の製造に限られており日々の生活を
>快適に過ごす上で欠かせない、多様な
>含フッ素化成品の製造原料として利用
>されることはほとんどありません
>でした。
 
>本研究の成果は、低コストで液晶化合物
>を合成することを可能にするだけでなく、
>四フッ化エチレンを原料とした新たな
>含フッ素機能性材料の開発につながる
>ものであり、四フッ化エチレンの新たな
>用途展開に繋がると期待されます。
 とのことです。
 
 期待したい。

|

« ナノ構造化でシリコンの熱電変換効率を三倍以上向上させることに成功 | トップページ | 1台で気象観測の6項目が計測可能なセンサー「WXT520 ウェザートランスミッター」 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60634706

この記事へのトラックバック一覧です: 従来の2/3の工程で実現!安価な四フッ化エチレンから液晶化合物を合成:

« ナノ構造化でシリコンの熱電変換効率を三倍以上向上させることに成功 | トップページ | 1台で気象観測の6項目が計測可能なセンサー「WXT520 ウェザートランスミッター」 »