« SPEEDI、活用せず 原発避難、実測に転換 規制委方針 | トップページ | 高分解能航空機搭載映像レーダ(Pi-SAR2)による御嶽山噴煙下レーダ画像 ~30cmの細かさで噴火口の場所や大きさ・その形状が明瞭に~ »

2014年10月 9日 (木)

自治体・業者、広がる反発 再生エネの新規買い取り中断

2014年10月9日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 福島県は再生エネを復興の柱にすえ、
県内に必要なエネルギーすべてを
再生エネでまかなうことをめざしている。
 
 だが、中断が長引けば、せっかく集まり
始めた再生エネ事業者が経営難に陥り
かねず、危機感は強い。
 
■国の努力不足、指摘も
 
 スペインでは気象情報をもとに風力や
太陽光の発電がどれぐらいになるかを事前
に予測し、需要に応じて出力を調整する
仕組みを構築。
 
 再生エネが国内の電力消費量の約4割に
達するが、安定的に電気を送れている
という。
 
 再生エネを25%まで高めたドイツでは、
再生エネの発電に適している北部から
電力需要の多い南部に電気を送る送電網の
整備を計画的に進めている。
 
 また、再生エネは原子力を含む他の電源
より優先的に給電することになっている
という。
 
 日本は、原子力や水力などが最優先で、
太陽光や風力はその次という位置づけだ。
---------------------------------------
 
 当然だと思う。
 
 日本は、国としての方針が無い。
 
 再生エネを何%まで持って行くのか?
 目標がない。
 当然ながらそれに向けての施策も無い。
 
 全て企業任せ、やる気など無い。
 
 発電も、電力網も同一企業、これで
再生可能エネの推進など不可能。
 分かっているはず。

|

« SPEEDI、活用せず 原発避難、実測に転換 規制委方針 | トップページ | 高分解能航空機搭載映像レーダ(Pi-SAR2)による御嶽山噴煙下レーダ画像 ~30cmの細かさで噴火口の場所や大きさ・その形状が明瞭に~ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60449599

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体・業者、広がる反発 再生エネの新規買い取り中断:

« SPEEDI、活用せず 原発避難、実測に転換 規制委方針 | トップページ | 高分解能航空機搭載映像レーダ(Pi-SAR2)による御嶽山噴煙下レーダ画像 ~30cmの細かさで噴火口の場所や大きさ・その形状が明瞭に~ »