« 1/10の撮影枚数で三次元電子線断層撮影を実現 | トップページ | 京大など、関節リウマチの原因となりT細胞が認識する抗原となるたんぱく質を特定 »

2014年10月16日 (木)

熊本大、パーキンソン病で新技術 MRIで画像診断

2013/11/14 47news
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
かなり前の記事です。
 
---------------------------------------
 熊本大は14日、パーキンソン病などの
神経変性疾患を磁気共鳴画像装置(MRI)
で診断できる解析技術を医療機器大手
フィリップスエレクトロニクスジャパン
(東京)と共同開発したと発表した。
 
 MRIによる診断は従来困難とされて
きたが、既存のMRIのソフトウエアを
交換するだけで脳神経などが鮮明に写った
画像を作成できる。
 
 開発した熊本大の米田哲也准教授
(医学物理学)は「小規模な医療機関でも
安価に導入できる」としている。
 
 造影剤を入れずに脳内の微細な血管を
見ることや、画像のみでパーキンソン病
診断が可能になる。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
 約1年前のニュースなので、もっと
話題として出てきても良さそうなニュース
なのに聞かないですね?
 
 どうなったのかな?
 
>画像のみでパーキンソン病診断が可能に
>なる。
? ? ?
 
 画像診断の精度が進歩したのは事実なの
だと思いますが、画像のみでパーキンソン病
診断が可能に、というのはまだなのかな?
 
 詳細リンク
平成 25 年 11 月 14 日
熊本大学

|

« 1/10の撮影枚数で三次元電子線断層撮影を実現 | トップページ | 京大など、関節リウマチの原因となりT細胞が認識する抗原となるたんぱく質を特定 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60488447

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本大、パーキンソン病で新技術 MRIで画像診断:

« 1/10の撮影枚数で三次元電子線断層撮影を実現 | トップページ | 京大など、関節リウマチの原因となりT細胞が認識する抗原となるたんぱく質を特定 »