« 味の素、血液検査ですい臓がんを早期に発見する技術を開発 | トップページ | ES細胞による黄斑変性治療,安全性と忍容性を臨床で確認 »

2014年10月17日 (金)

順天堂大とオンコリス、初期の非小細胞肺がん患者の血中に浮遊するCTC検出に成功

2014年09月25日 日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 順天堂大学大学院の十合晋作准教授は、
創薬ベンチャーのオンコリスバイオ
ファーマとの共同臨床研究により、がんの
最も初期段階「ステージIa」にある
非小細胞肺がん患者の約3割で、血中を
浮遊する微小ながん細胞
(血中循環腫瘍細胞=CTC)の検出に
世界で初めて成功した。
 
 CTCは、がん治療後にも血中を循環
することで他の部位に転移して再発する
要因とされている。
 
 約50人の非小細胞肺がん患者を対象
に、7・5ミリリットルの血液を採取。
 
 オンコリスバイオファーマが開発した
遺伝子改変アデノウイルス
「テロメスキャンF35(開発コード
OBP―1101)」と混ぜて検出した。
 
 CTCの検出では、非小細胞肺がん患者
の約3割から検出したという最先端の報告
があるが、がんが最も進んだ
「ステージIV」と呼ばれる段階での事例。
 
 今回成功したステージIaでは、がんが
ほとんど進行していないため、通常は
胸部CTで発見しても、炎症なのか
がんなのかの判別が難しい。
 
 十合准教授は今後、テロメスキャンF35
を使った高感度CTC検出について、
すべての固形がん領域を対象に順天堂大
医学部付属順天堂医院で横断的な
臨床研究プロジェクトに発展させたい
考えだ。
---------------------------------------
 
>がんの最も初期段階「ステージIa」
>にある非小細胞肺がん患者の約3割で、
>血中を浮遊する微小ながん細胞
>(血中循環腫瘍細胞=CTC)の検出に
>世界で初めて成功した。
 素晴らしい。
 
 この記事も血液中からがんを発見する
というものですね。
 
 是非、病院として横断的な臨床研究
プロジェクトに発展させて欲しいと
思います。
 
 肺がんも自覚症状が殆どないので、
手遅れになる可能性が大きながん
として知られています。

|

« 味の素、血液検査ですい臓がんを早期に発見する技術を開発 | トップページ | ES細胞による黄斑変性治療,安全性と忍容性を臨床で確認 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60492745

この記事へのトラックバック一覧です: 順天堂大とオンコリス、初期の非小細胞肺がん患者の血中に浮遊するCTC検出に成功:

« 味の素、血液検査ですい臓がんを早期に発見する技術を開発 | トップページ | ES細胞による黄斑変性治療,安全性と忍容性を臨床で確認 »