« 巨大噴火兆候、専門家が助言 川内再稼働へ対策手順提出 | トップページ | 自治体・業者、広がる反発 再生エネの新規買い取り中断 »

2014年10月 9日 (木)

SPEEDI、活用せず 原発避難、実測に転換 規制委方針

2014年10月9日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
>原発などで重大事故が起きた際に
>放射性物質の広がりを予測する
>「SPEEDI(スピーディ)」
>(緊急時迅速放射能影響予測
>ネットワークシステム)について、
>原子力規制委員会は8日、住民避難
>などの判断に使わない運用方針を
>決めた。
 
 実測値をもとに判断するんだそうです。
 こうした方が良いという説明
ありました?
 
 全国のどの原発が事故を起こしても
良いように全国に密に実測出来る測定器
を配備する? いつから?
 
 事故を起こした現場の近くには人は
行けないので、そのデータは遠隔から
監視出来るものにしないといけないと
思うが、そんなことをすれば膨大なお金が
かかる。
 
 予算措置は?
 聞いていませんが、、
 
 さらに気になるのは、そんなに簡単に
SPEEDIの設置目的を変えても良いので
しょうか?
 
 税金の使い道を!
 
 国民の意見は聞かないのですか?
 
 原子力規制委員会って川内原発稼働許可
の話しもそうですが、ひどい組織ですね。
稼働許可の条件に非難計画の有無は関係
ないし、

|

« 巨大噴火兆候、専門家が助言 川内再稼働へ対策手順提出 | トップページ | 自治体・業者、広がる反発 再生エネの新規買い取り中断 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60449547

この記事へのトラックバック一覧です: SPEEDI、活用せず 原発避難、実測に転換 規制委方針:

« 巨大噴火兆候、専門家が助言 川内再稼働へ対策手順提出 | トップページ | 自治体・業者、広がる反発 再生エネの新規買い取り中断 »