« 妊婦にレントゲン撮影は禁忌? | トップページ | 《650》 心配ばかり、は記憶にも悪い »

2014年10月22日 (水)

鼻の細胞移植英男性 半身不随から回復歩けた!!

2014年10月22日 東京新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 【ロンドン=共同】英BBC放送は
二十一日、英ユニバーシティ・カレッジ
・ロンドン大の医療チームが、ナイフで
刺されたのが原因で下半身不随となった
男性(40)の損傷した脊髄に鼻の神経細胞
を移植する治療法を開発、手術の結果、男性
は歩行可能なまでに回復したと報じた。
 
 BBCによると、この治療法は世界初で、
脊髄損傷に苦しむ人々に朗報となる可能性
がある。
 
 男性は二〇一〇年に背中をナイフで
刺される事件で下半身がまひした。
 
 同大のチームは、男性の鼻の内部にある
においの神経細胞を採取し培養、かかと
から採取した神経細胞とともに、脊髄の
欠損した部分に移植した。
 
 移植された鼻の神経細胞は自己複製機能
が高いとされ、移植された部分の刺激が
脊髄細胞の再生を促し、機能を回復させた。
 
 男性は手術から二年後には補助器具を
使っての歩行が可能になった上、排せつや
性的機能にも回復の兆候がみられるという。
 
 男性は「体の感覚が戻るというのは、
まるで生まれ変わったようだ」と
喜んでいる。
---------------------------------------
 
>この治療法は世界初で、脊髄損傷に
>苦しむ人々に朗報となる可能性がある。
 素晴らしい。
 
 関連記事です。
2014年10月22日 AFP BBNews
 
 まだ懐疑的な人達がいるようですが、
>Fidykaさんは、体が不自由になってから
>2年間にわたって集中的に理学療法を
>受けたが、回復の兆しは一向に見られ
>なかったという。
 
 と言う状態の人が回復したのだから、
治療の効果はあったと言って良いの
ではないのかな?
 
 素晴らしい事例だと思います。
 
 こう言う事例が沢山出てくると、
再生医療ますます期待したくなります。

|

« 妊婦にレントゲン撮影は禁忌? | トップページ | 《650》 心配ばかり、は記憶にも悪い »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60526856

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻の細胞移植英男性 半身不随から回復歩けた!!:

« 妊婦にレントゲン撮影は禁忌? | トップページ | 《650》 心配ばかり、は記憶にも悪い »