« 16年間、ロボット掃除機を作り続けたダイソン社員 | トップページ | 抗がん剤、極小カプセル化に成功 副作用軽減に効果 »

2014年10月 2日 (木)

お酒に弱い人、心臓も? 心筋梗塞、重症化の傾向

2014年9月28日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 お酒に弱い体質の遺伝子型を持つ人は、
心筋梗塞(こうそく)になったときに
心臓のダメージが大きくなりやすい
とする研究結果を、米スタンフォード大の
チームがまとめた。
 
 ヒトのiPS細胞を使った実験で
確かめたという。
 
 論文を米医学誌
サイエンス・トランスレーショナル
・メディシン電子版に発表した。
 
 お酒に強いか弱いかは、悪酔いの原因
となる物質アセトアルデヒドを分解する
酵素をつくる遺伝子の型に左右される。
 
 遺伝子に変異があって、その酵素を
うまくつくれないタイプの人はお酒に
弱くなる。
 
 チームは、東アジア系でお酒に弱い
遺伝子タイプの5人と、そうではない5人
の皮膚の細胞からiPS細胞をつくり、
心筋細胞に変化させて性質を調べた。
 
 この酵素は心筋梗塞になったときに
出てくる活性酸素の解毒にもかかわって
いて、お酒に弱いタイプでは心筋細胞
でもこの酵素がうまく働かず、細胞が
死にやすくなっていることがわかった
という。
 
 お酒に弱い人は心筋梗塞などが重症化
しやすい傾向にある、と臨床医の間では
経験的に受け止められていた。
 
 これまでのマウスの実験では、この酵素
に心筋細胞を守る働きがあるかどうかは
はっきりしていなかった。(竹石涼子)
---------------------------------------
 
 ふ~ん。知りませんでした。
 お酒に弱い人は気をつけましょう。
 
 iPS細胞役に立ちますね。

|

« 16年間、ロボット掃除機を作り続けたダイソン社員 | トップページ | 抗がん剤、極小カプセル化に成功 副作用軽減に効果 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60409601

この記事へのトラックバック一覧です: お酒に弱い人、心臓も? 心筋梗塞、重症化の傾向:

« 16年間、ロボット掃除機を作り続けたダイソン社員 | トップページ | 抗がん剤、極小カプセル化に成功 副作用軽減に効果 »