« 熊本大、パーキンソン病で新技術 MRIで画像診断 | トップページ | 味の素、血液検査ですい臓がんを早期に発見する技術を開発 »

2014年10月17日 (金)

京大など、関節リウマチの原因となりT細胞が認識する抗原となるたんぱく質を特定

2014年10月17日 日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学再生医科学研究所の伊藤能永
助教と大阪大学の坂口志文教授、
京大病院リウマチセンターなどの
研究グループは、関節リウマチの原因
となり、T細胞が認識する抗原となる
たんぱく質をマウス実験で突き止めた。
 
 その抗原に対する反応がヒトの
関節リウマチ患者の約17%で認められた
という。
 
 T細胞は免疫の司令塔の役目を果たし、
自己免疫疾患の原因となるが、T細胞が
認識する抗原は不明だった。
 
 研究グループはこれまで、関節リウマチ
を自然発症する「SKGマウス」を
見いだしている。
 
 今回はこのマウスで、関節炎を引き起こす
T細胞を標的にして活性化する分子
となるT細胞受容体を調べたところ、
RPL23Aというたんぱく質が明らかに
なった。
 
 京大病院で関節リウマチ患者の血清を
調べると、374人中64人が
RPL23Aに反応する抗体を持っていた
という。
 
 リウマチ患者の関節液中にあるT細胞が
RPL23Aによって免疫反応を引き起こす
ことも確かめた。
 
 伊藤助教は「この研究の手法は他の
自己免疫疾患についても、原因抗原の特定
に応用できる」と話している。
---------------------------------------
 
>関節炎を引き起こすT細胞を標的
>にして活性化する分子となる
>T細胞受容体を調べたところ、
>RPL23Aというたんぱく質が
>明らかになった。
 良いですね。一歩前進です。
 
>その抗原に対する反応がヒトの
>関節リウマチ患者の約17%で
>認められたという。
 
 約17%というのが少し残念ですが、
>T細胞が認識する抗原は不明だった。
 
 ことを考えると、Good Newsには
違いないと思います。
 
 又、解析が進めば更なる発見も期待
できますし、今後に期待したい。
 
 自己免疫疾患は曲者ですから、その真の
原因を突き止めるのは大変です。
 
 多分原因物質は一つではないのでしょう。
 
 関連投稿です。

|

« 熊本大、パーキンソン病で新技術 MRIで画像診断 | トップページ | 味の素、血液検査ですい臓がんを早期に発見する技術を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60492613

この記事へのトラックバック一覧です: 京大など、関節リウマチの原因となりT細胞が認識する抗原となるたんぱく質を特定:

« 熊本大、パーキンソン病で新技術 MRIで画像診断 | トップページ | 味の素、血液検査ですい臓がんを早期に発見する技術を開発 »