« リアルタイム患者被ばく線量計を開発 | トップページ | 九大医学研究院研究グループが1本の乳歯からミニ肝臓作製 »

2014年10月19日 (日)

自家培養角膜上皮の治験始まる 重篤な副作用スティーブンス・ジョンソン症候群治療に光!

2014/10/16 マイナビニュース
 
 詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 2014年10月14日、ジャパン・ティッシュ
・エンジニアリングは自家培養角膜上皮
(EYE-01M)の治験計画届書を独立行政法人
医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出
したことを明らかにしました。
(画像はプレスリリースより)
 
 治験調整医師は大阪大学脳神経感覚器
外科学(眼科学)西田教授。
 
 治験実施医療機関は東北大学病院、
眼科杉田病院、大阪大学医学部附属病院、
愛媛大学医学部附属病院の4施設。
 
 対象疾患は角膜上皮幹細胞疲弊症。
 
 実際に治験を始めるのは2014年度3月期
を予定しているとのこと。
---------------------------------------
 
 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
頑張ってますね。
 
 良い結果がでることを祈ってます。

|

« リアルタイム患者被ばく線量計を開発 | トップページ | 九大医学研究院研究グループが1本の乳歯からミニ肝臓作製 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60510414

この記事へのトラックバック一覧です: 自家培養角膜上皮の治験始まる 重篤な副作用スティーブンス・ジョンソン症候群治療に光!:

« リアルタイム患者被ばく線量計を開発 | トップページ | 九大医学研究院研究グループが1本の乳歯からミニ肝臓作製 »