« 「ひまわり8号」打ち上げ成功 H2A、予定軌道に投入 | トップページ | (社説)ノーベル賞 地道な研究の土壌守れ »

2014年10月 7日 (火)

低環境負荷の人工硫化銅鉱物で高効率な熱電変換を可能に

2014/10/06 産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・天然の硫化銅鉱物コルーサイトに倣った、
 レアメタルレスで低毒性元素が主成分の
 熱電変換材料の開発に成功
 
・銅、硫黄、スズを主成分としている
 人工鉱物コルーサイトが、400℃付近で
 高い熱電変換性能を示すことを発見
 
・コルーサイトは低毒性で地殻埋蔵量の
 多い元素を主成分とするため、
 熱電発電の大規模化に資すると期待
 
 
-----
概要
 
 国立大学法人広島大学
(以下、「広島大学」という)大学院先端
物質科学研究科の末國晃一郎 助教、
高畠敏郎 教授、独立行政法人産業技術総合
研究所(以下、「産総研」という)
エネルギー技術研究部門熱電変換グループ
の太田道広 主任研究員らの研究チームは、
天然硫化銅鉱物の一種コルーサイトと同じ
結晶構造の人工鉱物Cu26V2M6S32
(M = Ge, Sn)を合成し、400℃付近で
高い熱電変換性能を示すことを発見
しました。
 
 この物質は、低毒性で地殻中の埋蔵量が
豊富なCu(銅)、Sn(スズ)、S(硫黄)を
主成分としているため、レアメタルレスの
熱電変換材料といえます。
 
 この新しい熱電人工鉱物の発見は、
環境負荷の低い高効率熱電発電の実現に
大きく寄与するものと期待されます。
 
 この成果は、10月3日(米国時間)に、
米国物理学協会の専門誌
「Applied Physics Letters」の
オンライン版で公開される予定です。
 
 なお、本研究は、科学研究費助成事業
(独立行政法人日本学術振興会:若手研究
(B)<課題番号 26820296>、基盤研究(C)
<課題番号 25420699>)、
一般財団法人熱・電気エネルギー技術
財団 研究助成、公益財団法人中国電力
技術研究財団 研究助成の支援を受けて
行いました。
---------------------------------------
 
>実用化へ向けて、環境にやさしい
>鉱物熱電変換システムを世界に先駆けて
>試作します。
>これらの取り組みにより高効率で
>低環境負荷な熱電発電をいち早く実現
>させ、持続可能なエネルギー社会の
>実現に貢献します。
 
 期待したいですが、どの位本気なんで
しょうか?
 
 最近の再生可能エネルギーに対する
姿勢を見ているとなんとなく疑い深く
なってしまいます。
 
 でも、熱電変換による発電は安定電源
になりうるもので、実用化されれば、
比較的導入しやすいものだと思いますので
期待して待とうと思います。

|

« 「ひまわり8号」打ち上げ成功 H2A、予定軌道に投入 | トップページ | (社説)ノーベル賞 地道な研究の土壌守れ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60438243

この記事へのトラックバック一覧です: 低環境負荷の人工硫化銅鉱物で高効率な熱電変換を可能に:

« 「ひまわり8号」打ち上げ成功 H2A、予定軌道に投入 | トップページ | (社説)ノーベル賞 地道な研究の土壌守れ »