« ネジ山での強力な面着力がもたらす、緩み止め機構のナット | トップページ | 15年間諦めなかった小野薬品 がん消滅、新免疫薬 »

2014年10月25日 (土)

肝硬変を自分の歯で治療 日本歯科大再生医療研究チームが前臨床実験成功

2014/10/22 j-castニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 日本歯科大学の八重垣健教授の再生医療
研究チームが、ヒトの乳歯や永久歯の歯髄
から得た幹細胞を、肝臓の細胞と同じ性質
を持つ肝臓様細胞に変化させマウスに移植
し、肝臓の再生・肝硬変の治癒に
成功した。
 
 「歯髄」とは歯の神経部分のことで、
さまざまな種類の細胞に変化できる
「幹細胞」が含まれている。
 
 歯髄の幹細胞は他の組織から隔離された
環境にあるため、遺伝子のダメージが
少なく、発がんリスクが小さいという
メリットがある。
 
 特に乳歯の歯髄に存在する幹細胞は他の
細胞に変化する能力が高く理想的だが、
永久歯からでも採取することは可能で、
他の部位に比べ幹細胞を採取するのが容易
だという。
 
 八重垣教授はヒトの歯髄から得た幹細胞
にいくつかのタンパク質を使い、
ヒトの肝臓の細胞と同じ性質を持つ
「肝臓様細胞」へ変化・培養することに
成功。
 
 こうしてできた肝臓様細胞を、人為的に
急性肝不全や胆汁性肝硬変を起こした
マウスに移植した。
 
 その結果、急性肝不全を起こしたマウス
6匹すべての肝臓の再生、肝硬変を起こした
マウス6匹の治癒(血液成分の改善)が確認
できた。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
 最近、ヒトの乳歯や永久歯の歯髄から
得た幹細胞を利用した再生医療が
いろいろ出てきてますね。
 
 おおいに期待したい。
 
 既投稿では、
2013年1月13日
 に注目しています。
 
 良い結果が出ると良いのですが、

|

« ネジ山での強力な面着力がもたらす、緩み止め機構のナット | トップページ | 15年間諦めなかった小野薬品 がん消滅、新免疫薬 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60540509

この記事へのトラックバック一覧です: 肝硬変を自分の歯で治療 日本歯科大再生医療研究チームが前臨床実験成功:

« ネジ山での強力な面着力がもたらす、緩み止め機構のナット | トップページ | 15年間諦めなかった小野薬品 がん消滅、新免疫薬 »